いけばなの夜明け 池坊550年祭 いけばなの根源 池坊展

いけばな池坊が歴史上の記録に初めて現れたのは、1462年、京都・東福寺の禅僧 雲泉太極(うんぜんたいぎょく)の日記『碧山日録(へきざんにちろく)』においてでした。
六角堂の僧“専慶(せんけい)”がたてた花が京洛中の評判を呼んだと記されており、当時すでに専慶が花の名手として評判だったことがうかがえます。
その年から数えて、来年2012年は550年という節目の年にあたります。
池坊では、2011年11月から2012年11月までの約1年間を「いけばな池坊550年祭」として様々な記念行事を行います。

「平成23年度旧七夕会池坊全国華道展」は、そのオープニングを飾る記念花展として、華道家元四十五世 池坊専永、次期家元 池坊由紀の作品をはじめ、全国の池坊人 約1600点の力作を展示します。立花の愛好家でもあった後水尾天皇が江戸時代に宮中で催された七夕花会を起源とする、伝統ある池坊最大の花展へ是非お越しください。

池坊550年祭開催概要はこちら

見どころ ~ いけばな池坊550年祭のオープニングを飾る記念花展

家元、次期家元の大作展示

家元池坊専永、次期家元池坊由紀による作品を展示。圧倒的なスケールで描かれる世界は必見。ご期待ください。

支部選出コンクール(11日・12日)

日本国内、海外から選抜された180名が団体の部、個人の部で腕を競い合います。すべての作品には審査講師による寸評を添えて展示されます。

池坊550年祭記念コーナー

池坊中興の祖 専慶が活躍した室町時代は、今に残る和の文化がうまれた時代でした。書院造り建築の成立によって床の間の座敷飾りがうまれ、連歌や茶会などの会所の集いには常に、いけばなの存在がありました。「和の美の原点」ともいえる室町文化のなかで誕生し、その理念が確立された時代の「いけばな」の流れを紹介します。

※ 写真は過去に開催した池坊主催イベントのものです。

高島屋

支部席 間口約3メートルの開放的な空間に支部から3名ずつ趣向を凝らした作品を展示します。

たまにはこんな花遊び 遊心池坊中央研修学院研究員による「遊心」 普段のいけばなとはひと味違う洒落っ気いっぱいの楽しい作品。遊び心が満載です。

青年部展「運命の映画」一人ひとりが運命的に出逢った心に残る忘れられない映画のシーンを、いけばなで表現し展示します。

祈りの花1階フロントステージでは、東日本大震災への復興と希望の祈りをこめ、作品を展示します。

※ 写真は過去に開催した池坊主催イベントのものです。

池坊

Ikenobo 花の甲子園2011 全国大会

高校生三人一組による公開制のいけばなコンクール。全国9地区の代表校が、いけばな発祥の地、京都・池坊に一堂に集う!観客による投票も行いますので、是非お越しください。

花の甲子園2011 全国大会 11月13日(日) 池坊2階ホール
※ 昨年の全国大会より
Ikenobo 花の甲子園2011 開催案内はコチラ
前回大会レポートを見る

ご案内

日程と会場

11月9日(水)〜14日(月)京都高島屋7階グランドホール 午前10時〜午後8時
11月11日(金)〜14日(月)

入場料

二会場共通:900円(税込)  ※ 高校生以下入場料無料

お問い合わせ

財団法人池坊華道会 TEL:075-231-4922
主催:華道家元池坊総務所・財団法人池坊華道会
池坊550年祭 詳細はこちら
平成23年度旧七夕会
池坊全国華道展終了
会場:京都高島屋
会場:池坊(烏丸・六角)
2011年11月9日(水)~11月14日(月)
2011年11月11日(金)~11月14日(月)
開催案内
大阪花展終了 会場:大阪高島屋 2012年3月1日(木)~6日(火)
開催案内
仙台花展終了 会場:仙台三越 2012年5月9日(水)~14日(月)
開催案内
いけばな池坊
550年祭記念特別展終了
会場:日本橋高島屋 2012年5月31日(木)~6月5日(火)
開催案内
東京花展終了 会場:日本橋三越本店 2012年9月12日(水)~17日(月・祝)
開催案内
名古屋花展終了 会場:松坂屋名古屋店 2012年9月19日(水)~24日(月)
開催案内
福岡花展終了 会場:岩田屋本店 2012年10月3日(水)~8日(月・祝)
開催案内
いけばな池坊
550年祭記念特別展
平成24年度旧七夕会
池坊全国華道展終了
会場:京都高島屋
会場:池坊(烏丸・六角)
2012年11月14日(水)~19日(月)
2012年11月16日(金)~19日(月)
開催案内
このページのトップへ