いけばなの根源 池坊展 伝えるもの、受け継ぐもの

次回開催 旧七夕会 池坊全国華道展 11月13日(水)〜18日(月)京都

開催案内はこちら

池坊では、毎年全国主要都市において、本部主催のいけばなの展覧会を開催しています。2013年は、東京、福岡、札幌、名古屋にて、「伝えるもの、受け継ぐもの」をテーマにいけばなの根源池坊展を、11月には京都にて、「旧七夕会池坊全国華道展」を開催。四季を彩る花を通して、池坊が今、伝えたいことを、ぜひ会場で感じてください。

花展 イメージ写真

伝えるもの、受け継ぐもの

心と技を磨き上げ、「継承」していくこと、時代にふさわしい花を作りあげ、美を「創造」していくことによって、池坊の華道は、遥かな時をこえて受け継がれてきました。 先人より継承されてきた美は、人から人へと守り伝えられ、時代と調和した新しい美を重ねることで、いつの時代も人々の心を魅了してきました。 伝えていく人の中にこそ伝統は息づき、未来は創られてゆきます。 幾重もの想いをのせて、より華麗に。池坊の新たな歴史の1ページが始まります。

池坊展の見どころ

家元、次期家元の大作を展示

変わりゆく日本の文化の中で、永きにわたり家元を継承してきた池坊。華道家元四十五世 池坊専永、次期家元 池坊由紀の作品をとおして、これまで培われてきた池坊の技術と精神を堪能してください。

池坊展の見どころ イメージ写真

悠久の流れ − ともに歩む

池坊のいけばなは、師匠から弟子へと花をいける心と技が託され、その繰り返しによって連綿と受け継がれてきました。さらなる次世代へとつないでいくため、師匠が魅せ、弟子が伝えたいことを表現します。

池坊展の見どころ イメージ写真

スタイルを彩る

いけばなは生活文化であり、その時代を生きた人々の心の現れともいえます。身近に世界中の文化にふれることができる現代において、それぞれのライフスタイルをより華やかに彩る作品を展開します。

池坊展の見どころ イメージ写真

花のバトン 〜学生コーナー〜

四季をめぐり、歳月をわたる花のバトンは、池坊いけばなを学ぶ学生それぞれの想いとともに、手渡されて、つながってゆきます。学生が今、伝えたい想いを花にこめて、先生とともに作品を展示します。

特別企画「新島八重と池坊」

現在、テレビドラマで注目され、“幕末のジャンヌダルク”、“ハンサムウーマン”と称される新島八重が、明治29年、池坊に入門していたことがわかる史料が残されています。池坊を代表する3つの花形のうち「立花」と「生花」を展示するコーナー『継承される美』において、新島八重と池坊のつながりを、その時代に確立された池坊のいけばなとともに紹介します。

特別企画「新島八重と池坊」 写真

同志社大学提供

※写真は過去に池坊で開催したイベントのものです。
※各地区の池坊展の詳細につきましては、開催案内をご確認ください。

開催日程

東京花展
終了
5月8日(水)〜13日(月)
日本橋三越本店 本館7階ギャラリー

開催案内

福岡花展
終了
5月23日(木)〜28日(火)
岩田屋本店 本館7階=大催事場

開催案内

札幌花展
終了
6月12日(水)〜17日(月)
丸井今井札幌本店 大通館9階催事場

開催案内

名古屋花展
終了
9月11日(水)〜16日(月・祝)
松坂屋名古屋店 本館7階大催事場

開催案内

お問い合わせ先

一般財団法人 池坊華道会

TEL 075-231-4922 FAX 075-255-3568

facebook いけばな池坊の official page twitter @ikenobo550
このページのトップへ

花展・イベント情報 コーナートップへ戻る