平成25年度 旧七夕会池坊全国華道展 いけばなの根源 池坊展 花の品格 人の心でなければ見いだすことができない「品格」。たおやかに、はなやかに、わびしく、時にはなつかしく。いけばなからあふれる興趣に包まれたいのちが、見る人の心を響かせます。

「花の品格」をテーマに、華道家元四十五世池坊専永、 次期家元池坊由紀をはじめ、全国で活躍する1600名の池坊の華道家が 京都高島屋・池坊の会場を舞台にいけばな作品を展示します。

日程と会場1 11月13日(水)〜18日(月)京都高島屋 7階グランドホール ご入場時間:午前10時〜午後8時 ※14日(木)、16日(土)、最終日18日(月)は午後6時閉場(いずれも閉場30分前までにご入場ください。) 日程と会場2 11月15日(金)〜18日(月)池坊(烏丸・六角)家元道場/本館4〜7階/WEST18 7階 ご入場時間:午前9時〜午後5時
入場料 二会場共通:900円(税込) ※高校生以下入場料無料 お問い合わせ 一般財団法人池坊華道会 TEL.075-231-4922 主催:華道家元池坊総務所/一般財団法人池坊華道会 後援:京都府/京都府教育委員会/京都市/朝日新聞社/産経新聞社/日本経済新聞社/毎日新聞社/読売新聞社/京都新聞社

見どころ

高島屋会場

次期家元作品

家元、次期家元の大作を展示

華道家元四十五世池坊専永、次期家元池坊由紀による大作の展示は必見です。壮大なスケールと繊細な美しさを兼ね備えるいけばな作品をぜひご堪能ください。

家元、次期家元の大作 イメージ写真

特別企画「新島八重と池坊」

NHK大河ドラマ「八重の桜」のヒロイン、新島八重は、明治29年に池坊に入門しました。八重が入門した時期は、彼女が勤めていた京都初の女学校「新英学校及び女紅場」の後身、「京都府高等女学校」で当時の家元、池坊専正が華道を教えていた時期と重なります。
新島八重や女紅場と池坊の関わりを資料で紹介するとともに、明治時代に確立された池坊いけばなを多数展示します。

特別企画「新島八重と池坊」 写真

同志社大学提供

青年部コーナー「竹を使って」

日本人にとって馴染みが深い「竹」を用いて、池坊の青年部がいけばな作品を展示します。それぞれの思いを込めて表現した「竹」の世界をぜひお楽しみください。

池坊展の見どころ イメージ写真

池坊会場

家元道場

家元、次期家元をはじめ、全国から池坊の華道家が、いけばな発祥の地・六角堂に集い、家元道場、池坊会館(4〜7階)、WEST18(7階)で、いけばな作品を展示します。

池坊会場 イメージ写真

いけばなの歴史絵巻を展開【家元道場2階】

いけばな発祥の地において歴史を紡いできた池坊には、時代とともに移り変わってきたいけばなの姿がさまざまな絵図や資料に残されています。普段公開されていない家元道場において、いけばなの歴史の変遷を作品によって感じていただくことができます。

いけばなの歴史絵巻 イメージ写真

支部選出コンクール(11月15日・16日)

池坊最高峰の全国支部選出コンクール。日本国内、海外から選抜された202名が団体の部、個人の部で腕を競い合います。すべての作品は審査講師による寸評とともに展示されます。

支部選出コンクール イメージ写真

重要文化財などを展示/特別公開の資料も【いけばな資料館】

池坊専好立花図

『池坊専好立花図』(重要文化財)

池坊会館の3階にあるいけばな資料館では、『池坊専好立花図』(重要文化財)など、いけばなの歴史資料を多数展示。旧七夕会の期間中は、明治時代の女学校におけるいけばな教育の資料や、今年遷宮を迎えた伊勢神宮と池坊の関係を示す資料を特別公開します。
※旧七夕会期間中は、土日も開館しています。

 

関連行事

Ikenobo 花の甲子園2013 全国大会

2009年よりスタートした「Ikenobo花の甲子園」。池坊いけばなを学ぶ高校生が3人1チームで作品を制作する公開コンクールです。
過去最高の出場校109校から全国で開催の地区大会によって選出された9地区の代表校が京都に集い、全国大会で最優秀校を目指します。
観客投票もありますので、ぜひ応援にお越しください。

場所

池坊会館2階ホール

日時

11月17日(日)
第一部:午前10時30分〜
第二部:午後1時30分〜

Ikenobo 花の甲子園2013 全国大会  イメージ写真
Ikenobo 花の甲子園2013 開催案内はコチラ 前回大会レポートを見る Ikenobo 花の甲子園2013

京都の新たな風物詩

旧七夕会「花行列」

江戸時代から続く「旧七夕会」の約400年前の風雅を今に再現する旧七夕会「花行列」のお練りを、華道文化の研究教育機関「池坊短期大学」から烏丸通をとおって、いけばな発祥の地 「六角堂」まで、およそ600メートルにわたり披露します。
振袖姿の女性や御稚児さんたちが、花御輿とともに、京都の秋を華やかに彩ります。

場所

池坊短期大学から六角堂まで

日時

11月16日(土) 午後1時出発
※荒天を除き、雨天決行

地図
花行列 イメージ写真 振袖姿のお嬢さん方 イメージ写真 花御輿 イメージ写真

花行列

振袖姿のお嬢さん方(イメージ)

花御輿

※写真は過去に池坊で開催したイベントのものです。


旧七夕会(きゅうたなばたえ)とは

平安時代以降、宮廷では七夕の日に様々な行事が催され、その一つに、花が立てられていました。江戸時代初期になると、後水尾天皇がたびたび宮中で大立花会を開催し、そのたびに当時の家元、池坊専好が召され、立花の指導をしていました。その後、後水尾天皇から特別に池坊で七夕立花会を催す許しをいただき、江戸時代を通じて池坊の七夕立花会は京洛の有名な年中行事になりました。
現在もその伝統は受け継がれ、池坊最大最古の花展として、開催しています。

開催日程

大阪花展 2014年4月24日(木)〜29日(火・祝) 会場:大阪高島屋
東京花展 2014年5月8日(木)〜13日(火) 会場:日本橋三越本店
名古屋花展 2014年9月10日(水)〜15日(月・祝)  会場:松坂屋名古屋店
仙台花展 2014年9月25日(木)〜30日(火) 会場:仙台三越
福岡花展 2014年10月8日(水)〜13日(月・祝)  会場:岩田屋本店
このページのトップへ

トップページに戻る