サイトトップ > 花展・イベント情報 > 2016年 東京花展(日本橋三越本店)

東京花展(日本橋三越本店)

いけばなの根源池坊展 新風のきざし

明日花を咲かせるかもしれない蕾、
明日少し上を向くかもしれない枝先から
私たちは、未来への展望を感じることができます。

華道家元四十五世 池坊専永、次期家元 池坊専好をはじめ
関東地区で活躍する池坊の華道家約500名による作品を展示します。

会期 2016年9月7日(水)~12日(月)
会場

日本橋三越本店 本館7階ギャラリー
最寄駅:地下鉄 銀座線・半蔵門線「三越前」駅より徒歩1分

交通とアクセスの詳しくはこちら(日本橋三越本店サイトが表示されます)

ご入場時間 午前10時30分~午後7時(午後7時30分閉場)
入場料 900円【税込】※高校生以下無料
※お着物でご入場いただいた方は入場無料
後援 朝日新聞社/産経新聞社/日本経済新聞社/毎日新聞社/読売新聞社/東京新聞

東京花展の見どころ

家元、次期家元の大作を展示

「新風のきざし」をテーマに、華道家元四十五世 池坊専永、次期家元 池坊専好、池坊専宗をはじめ、関東甲信越で活躍する約500名の池坊の華道家たちが一堂に集まり、いけばな作品を展示します。

家元、次期家元の大作を展示
初代専好の花

特別展示 映画「花戦さ」製作記念『初代専好の花』

戦国時代の家元、三十一世池坊専好(初代)が生けた伝説のいけばな“前田邸の大砂之物”の歴史ストーリーを描いた映画「花戦さ」が製作中です。550年以上続く池坊の歴史の中で、池坊を発展に導いたのが、三代にわたる専好でした。昨年、次期家元が池坊専好を襲名。本花展では、初代専好の花を、史料をもとに復元展示します。

空間を創造するいけばな

池坊のいけばながこれまで発展してきたのは、いけばなが日常の暮らしの中に取り入れられたことにあります。室町時代、床の間に飾られた「いけばな」は時代の移り変わりや建築様式とともに、変遷してきました。テーブルに飾る、壁にかける、上から吊るなど、現在の暮らしに調和したいけばな作品を紹介します。

空間を創造するいけばな

正風体・新風体コーナー

「立花」と「生花」には、「正風体」と「新風体」があります。本コーナーでは、伝統的な型をもつ「正風体」と、当代家元池坊専永が時代背景に即した花形として発表した「新風体」を紹介します。550年以上の歴史をもつ池坊がこれまで受け継いできた、様式の美を堪能してください。

正風体・新風体コーナ

学生コーナー

現在、全国の幼稚園・保育園~大学において、数多くの児童・生徒・学生が池坊いけばなを学んでいます。いけばなを通して、歴史や文化を味わい楽しむことはもちろん、命の重み、思いやりや感謝する気持ち、探究心や創造力を育むことができます。まさにお花を通した心の教育です。今回、池坊いけばなを学ぶ約150名の学生達が集まります。日頃のお稽古の成果を、また、それぞれの想いがこもった作品をぜひお楽しみください。

学生いけばな展示

Twitter

いけばなの根源 池坊展 2016年の開催日程

東京花展 9月7日(水)~ 12日(月)
会場:日本橋三越本店
名古屋花展 9月14日(水)~ 19日(月・祝)
会場:松坂屋名古屋店
福岡花展 10月5日(水)~ 10日(月・祝)
会場:岩田屋本店
旧七夕会池坊全国華道展 11月9日(水) ~ 14日(月)
会場:京都髙島屋
11月11日(金) ~ 14日(月)
会場:京都・池坊

おすすめのページ

立花
生花
自由花

ページの先頭へ

サイトトップ > 花展・イベント情報 > 2016年 東京花展(日本橋三越本店)

いけばなを はじめる

はじめての方へ

はじめてQ&A、教室の探し方、お稽古をはじめたら等

いけばな教室を探す

いけばなを 知る

いけばな池坊のご案内

池坊とは、いけばなの型、いけばなの歴史等

いけばなギャラリー