サイトトップ > 花展・イベント情報 > 2018年 福岡花展(岩田屋本店)

福岡花展(岩田屋本店)

いけばなの根源池坊展 十人十彩

花にも人にも、それぞれ個性があります。
同じ花をいけても、全然違う作品になるのが”いけばな”です。
花も人も、それぞれに美しく、多様性を認め合い、生かし合うのが”いけばな”です。

「十人十彩(じゅうにんといろ)」をテーマに、華道家元四十五世 池坊専永、次期家元 池坊専好をはじめ九州地区で活躍する池坊の華道家約450名による作品を展示します。

会期 2018年10月3日(水) ~ 8日(月祝)
会場

岩田屋本店 本館7階大催事場
最寄駅:市営地下鉄天神駅・西鉄福岡(天神)駅

交通とアクセスの詳しくはこちら(岩田屋本店 サイトが表示されます)

ご入場時間 午前10時~午後7時(午後7時30分閉場)
※4日(木)・6日(土)は、午後6時30分まで(午後7時閉場)、最終日8日(月祝)は午後5時30分まで(午後6時閉場)
入場料 900円【税込】 ※高校生以下無料
※お着物でご入場いただいた方は入場無料
後援 福岡県/福岡市/西日本新聞社/九州朝日放送

福岡花展の見どころ

家元、次期家元の大作を展示

華道家元四十五世池坊専永、次期家元池坊専好による大作の展示をはじめ、「十人十彩」をテーマに、池坊いけばなの三つの花形「立花」、「生花」、「自由花」を九州地区で活躍する華道家たちが会期を通して約450作品を展示します。

家元、次期家元の大作を展示

正風体コーナー

立花と生花には、「正風体」と「新風体」があります。このコーナーでは、伝統的な型を持つ「正風体」を紹介します。555年以上の歴史をもつ池坊が、これまで受け継いできた様式の美を堪能してください。

正風体コーナー

-自由花コーナー-

 自(み)ずからに
 由(よ)りて
 花(はな)となす

様々なスタイルで自分を表現する“自由花”。使用する「器」によっての表現の違いや、花材の「色」でまとめた作品、環境に応じた作品の「大きさ」など、テーマ別の自由花を展示。

自由花コーナー

いけばなガイドツアー

いけばなの楽しみ方がよくわかる、『いけばなガイドツアー』を開催します。
 10月3日(水)      ①16時 ②17時 ③18時
 10月4日(木)・5日(金)①15時 ②16時 ③17時 ④18時
 10月6日(土)・7日(日)①17時 ②18時
 10月8日(月祝)     ①15時 ②16時

 ※定員:15名/回(所要時間:約30分間)
  花展会場内にて、参加費無料
  (ただし、池坊展の入場券は必要です)

※事前申込を優先します。
※申込先:池坊華道会 華道振興課 花展係
 電話 075-231-4922(平日:9時-17時)

いけばなガイドツアー

いけばなパフォーマンス&体験ワークショップ

華道男子グループ”IKENOBOYS”による「いけばなパフォーマンス」と「いけばな体験」を行います。ぜひこの機会にいけばなに触れてみませんか。
◆10月6日(土)・7日(日) ①11時30分~ ②14時~
 本館1階きらめき広場 特設会場
 ※参加費無料
 ※いけばなパフォーマンスは、どなたでも見ることができます。

 ※いけばな体験は、各回定員10名(事前申込を優先します。)
【いけばな体験申込方法】
 希望時間、氏名、学年、当日連絡先(携帯電話)を、電話・FAX・メールいずれかの方法でお知らせください。
 一般財団法人池坊華道会 華道振興課 花展係 電話075(231)4922(平日:9時-17時)
 メール katen@ikenobo.jp ※件名に「福岡花展いけばな体験申込み」とお書きください。

いけばなパフォーマンス&体験ワークショップ

Twitter

いけばなの根源 池坊展 2018年の開催日程

仙台花展 5月9日(水) ~ 14日(月)
会場:仙台三越
東京花展 5月16日(水) ~ 21日(月)
会場:日本橋三越本店
名古屋花展 9月12日(水) ~ 17日(月・祝)
会場:松坂屋名古屋店
福岡花展 10月3日(水) ~ 8日(月・祝)
会場:岩田屋本店
旧七夕会池坊全国華道展 11月7日(水) ~ 12日(月)
会場:京都高島屋
11月9日(金) ~ 12日(月)
会場:京都・池坊

おすすめのページ

立花
生花
自由花

ページの先頭へ

サイトトップ > 花展・イベント情報 > 2018年 福岡花展(岩田屋本店)

いけばなを はじめる

はじめての方へ

はじめてQ&A、教室の探し方、お稽古をはじめたら等

いけばな教室を探す

いけばなを 知る

いけばな池坊のご案内

池坊とは、いけばなの型、いけばなの歴史等

いけばなギャラリー