サイトトップ > はじめての方へ > はじめてのいけばなQ&A > はじめてのいけばなQ&A~お稽古について

はじめてのいけばなQ&A~お稽古について

いけばなをこれからはじめる方も、習い始めたばかりの人も、最初に気になる様々な疑問にお答えしています。こちらでは、「お稽古」についてお答えしています。

Q11回のお稽古にかかる所要時間は、だいたいどのくらいでしょうか?

いける人によって時間は異なりますが、1時間から1時間半くらいが平均的です。すんなりイメージが湧くと30分でできあがることもあります。

Q2お稽古当日は何を着ていけば良いですか?

基本的にはどのような服装でも結構ですが、教室によっては正座をしていける教室などもあります。その場合は、足がしびれるのでジーンズなどはさけた方が無難です。

Q3これからいけばなをはじめる場合、どんな道具を揃えればよいですか?
   道具はどこで買えますか?

教室には大抵、ハサミや剣山(けんざん)・花器(かき)などは用意されていますが、ご自身が使うハサミは用意されてもよいかもしれません。
また、お稽古が終わった後に、いけた花を花器から抜いて、自宅へ持ち帰ります。その際にお花を包む「花袋(はなぶくろ)」があると便利です。どういった道具を購入するかは、先生とご相談ください。
いけばな初心時は、それほど高価な道具は必要ありません。最近はホームセンターや園芸店等でも販売していますが、地元に花器やハサミを販売しているお店がなければ、池坊には華道具(かどうぐ)全般を扱う「花楽KARAKU」というショップがあり、『いけばな はじめてセット』を販売しています。ネット上でもご購入いただけますのでご検討ください。

池坊いけばなショップ「花楽KARAKU」

池坊いけばなショップ「花楽KARAKU」|『いけばな はじめてセット』

池坊いけばなショップ 「花楽KARAKU」

Q4いけばなを習いたいと思っています。教室のお月謝はいくらぐらいでしょうか?

お稽古代は、教室の立地条件など、教室や先生によって様々ですので、一概にいくらとお答えすることはできません。池坊公式ホームページの教室紹介コーナーでは、各教室の月謝を調べることができます。ご希望の条件にあった教室を探して、先生とご相談ください。

 

Q5月謝の他に、花代(はなだい)が必要なのですか?

通常、月謝と花代は、別途に支払う場合が多いです。季節の花(正月花など)によって値段が変わる場合もありますが、1,000円~1,500円で設定されている教室が多いです。お申し込みする際、先生にご確認ください。

Q6お稽古の花材(かざい)は、自分で用意するのでしょうか?
   それとも教室で、用意していただけるのでしょうか?

習う人のレベルに合わせて、先生がお稽古日に用意される教室が多いです。またある程度の経験を積めば、自分で花材を選べるようになりますので、自分の好きな花材を持参してお稽古することも可能です。
見たことがない花材でも、先生が丁寧に生け方を教えてくれます。季節の花材との出会いを、お楽しみください。

 

Q7お稽古をキャンセルしたいときは、どうしたら良いですか?

お花をご用意する必要がありますので、キャンセルする場合は、事前に先生へ連絡をしてください。急なキャンセルは、お花代をお支払いいただく場合もありますので、先生にご確認ください。

Q8仕事の帰りに通えますか?

夜もお稽古をしている教室の生徒の方は、仕事帰りの方がほとんどです。教室でのお稽古時間内であれば、ご自分の都合のよい時間に来ていただければ結構です。

Q9池坊の立花(りっか)だけを習うことはできますか?

最初から、立花だけを習うことはできません。先生の教え方にそって、基礎から学び、お免状(おめんじょう)を取得してから立花を習うことができます。

Q10いけばなの先生になるには、どのくらいお稽古が必要でしょうか?

お稽古の回数や内容、習う人のレベルによって個人差があります。ただ、一人前になるためには、10~15年はかかると言われています。

 

その他の、よくある質問も確認する?

ページの先頭へ

サイトトップ > はじめての方へ > はじめてのいけばなQ&A > はじめてのいけばなQ&A~お稽古について

いけばなを はじめる

はじめての方へ

はじめてQ&A、教室の探し方、お稽古をはじめたら等

いけばな教室を探す

いけばなを 知る

いけばな池坊のご案内

池坊とは、いけばなの型、いけばなの歴史等

いけばなギャラリー