いけばなの源流 飛鳥時代~南北朝時代

四季折々の花が咲く日本列島。「観賞する花」「神の依代」「仏前供花」… いくつかの要素が絡み合いつつ、いけばな成立の前提が整っていきました。

観賞する花

植物を観賞する、花を見て楽しむ、という行為は世界中で見られますが、四季がはっきりしている日本列島では、それぞれの季節に美しい花があります。

そのような環境の中で、人々は花を観賞する感性を磨いていきました。『万葉集』や『古今和歌集』などには、花を詠んだ和歌が多く収録されています。

神の依代

また、季節の変化に命の移ろいを感じ取り、自然と共生する生活を送っていた人々は、常に緑色を絶やさない常緑樹に特別な意味を見出し、神の依代として信仰していました。現在も正月に飾られる門松は、その一形態です。

六角堂の桜

六角堂の桜

日本では平安時代頃から、単に「花」といえば桜を指すようになった。花見の風習は現在まで受け継がれている。

仏前供花

6世紀になると、仏教が日本に伝来しました。それにともない、仏に花を供える風習(仏前供花)も一般化していきます。華厳経や法華経など、名称に華(花)という字が含まれる経典が存在するように、仏教と花はもとより深い関係にありました。

 

供花の代表は、仏教が生まれたインドに多い蓮の花ですが、日本ではそれぞれの季節に応じた花が選ばれ、供花とされました。
供花の形式は様々ですが、鎌倉時代から南北朝時代にかけて、花瓶・香炉・燭台からなる三具足による仏前荘厳が定着していきました。

鳥獣人物戯画

『鳥獣人物戯画』

平安時代に描かれた絵巻に見られる仏前供花の図。仏に見立てた蛙の前に、蓮の花が供えられている。(原本は高山寺蔵)

1 2 3 4
飛鳥時代~
南北朝時代
室町時代(前期) 室町時代(後期) 安土桃山時代~
江戸時代(前期)
5 6 7 8
江戸時代(中期) 江戸時代(後期) 明治時代~
昭和時代(初期)
現代

ページの先頭へ

いけばなを はじめる

はじめての方へ

はじめてQ&A、教室の探し方、お稽古をはじめたら等

いけばな教室を探す

いけばなを 知る

いけばな池坊のご案内

池坊とは、いけばなの型、いけばなの歴史等

いけばなギャラリー