池坊ホームページへ

全国47都道府県のいけばなとは

全国いけばな作品一覧

広島県

訪問日 2012年11月8日(木)
訪問先 広島県庁 第一会議室 湯崎英彦知事
広島県の花 紅葉
全国訪問スケジュール

※役職名等は当時の情報です。

2012/11/09更新

『全国47都道府県のいけばな』湯崎英彦 広島県知事を表敬訪問

今回の訪問先は広島県。11月8日に湯崎英彦知事を表敬訪問しました。
今回の訪問で47都道府県全てに献上し、フィナーレを迎えることになりました。

当日は、広島県連合支部長(広島支部長)西原 芙美香、池坊華道会 監事 沼隈 眞澄、池坊華道会 評議員 小林 明、 池坊華道会 参与 大松 明仁、広島県連合支部 相談役顧問  宮本 径子、広島県連合支部 相談役顧問 原本 昌明、 広島中央支部 支部長 住田 靖子、呉橘会支部 支部長 柿沢 正一、広島広陽支部 支部長 山田 小夜子、 PR大使として、広島支部 堀尾 珠水、広島中央支部 谷崎 幸恵、呉橘会支部 田本 晃子、 さらに、「IKENOBO花の甲子園2012」中国地区代表校となった、広島市立舟入高等学校から、華道部2年の早田 麻由さん、森 夢乃さん、高田 美悠さんの 計15名で訪問しました。

まず、西原広島県連合支部長より「このいけばなのテーマは“栄える安芸・紅葉の秋”です。花器と花は「安芸の宮島」をイメージし、紅葉の美しさを引き立てる糸菊、瀬戸の海をイメージしたバンダ、山の頂きをツルウメモドキで表しております。」と作品説明の後、最後の一輪を湯崎知事に挿していただき、いけばなが完成となりました。

その後、「IKENOBO花の甲子園2012」の中国地区代表校となった、広島市立舟入高等学校華道部のみなさんから元気良く「指導してくださった先生方や応援してくださったみなさんへの感謝の気持ちを忘れず、11月18日の京都での花の甲子園全国大会を頑張ります!」、池坊PR大使より「広島県で今後もいけばなの継承につき精進します。」宣言等があり、会談は終始、和やかな時間となりました。

献上した作品は、県庁1階ロビーに展示していただきました。


作品の説明をする西原連合支部長 知事が「紅葉」を挿して完成
PR大使から「広島でがんばります」宣言 広島市立舟入高等学校華道部のみなさん
PR大使 作品は、県庁1階ロビーに展示


自由花:紅葉(広島県産)、糸菊、ツルウメモドキ、胡蝶蘭、バンダ、ヤツデ
前列(着席)左から沼隈眞澄(池坊華道会監事)、湯崎英彦広島県知事、西原芙美香(広島県連合支部長)、住田靖子(広島中央支部長)、 後列左から広島市立舟入高等学校華道部2年の森夢乃さん、早田麻由さん、高田美悠さん、 原本昌明(広島県連合支部相談役顧問)、宮本径子(広島県連合支部相談役顧問)、大松明仁(池坊華道会参与)、小林明(池坊華道会評議員)、 柿沢正一(呉橘会支部長)、PR大使 堀尾珠水(広島支部)、山田小夜子(広島広陽支部長)、PR大使 谷崎幸恵(広島中央支部)、田本晃子(呉橘会支部)