池坊ホームページへ

全国47都道府県のいけばなとは

全国いけばな作品一覧

兵庫県

訪問日 2011年10月18日(火)
訪問先 兵庫県県庁 知事応接室 井戸敏三知事
兵庫県の花 ノジギク
全国訪問スケジュール

※役職名等は当時の情報です。

2011/10/18更新

550年祭企画 『全国47都道府県のいけばな』井戸敏三兵庫県知事を表敬訪問

来年2012年に歴史上の文献に記されてから550年を迎えることを記念した「いけばな池坊550年祭」のスタートを11月に控え、その記念事業の一つ『全国47都道府県のいけばな』を全国展開中です。今回の訪問先は兵庫県。10月18日に井戸敏三知事を表敬訪問しました。

兵庫県の花は「ノジギク」。しかし少し季節が早く蕾でした。そこで今回は兵庫県花卉協会の協力を得て、地元兵庫が品種改良した新種の菊「ひょうごオリジナルギク」や、山田町の「二輪菊」、色とりどりのスプレー菊を提供いただきました。兵庫県の菊は有名で「ひょうごオリジナルギク」の黄色は市場に出荷される前のものを使わせてただきました。
また、使用する花器は、桃山時代から受け継がれてきた竹芸有馬籠を使用した、兵庫づくしのいけばな作品を知事に贈呈することができました。

当日は兵庫県連合支部の田中とき子支部長はじめ地元で華道を学ぶ「池坊PR大使」小野涼香さん、山下美果さん、上田亜矢子さん、真利公也さん、竹中民子さんが出席。それぞれが感じる“いけばなの魅力”や“今後の取り組み”などを知事に説明。最後に小学校6年生の小野涼香さんが「これからもいけばなを頑張ります」と元気よく知事に宣言しました。

井戸敏三知事は、作品の仕上げに「ひょうごオリジナルギク」を挿し入れました。井戸知事は池坊550年祭の説明とPR大使の説明を興味深く聞かれ、PR大使一人ずつに「頑張ってくださいね」と激励をいただきました。最後に唯一の男性PR大使の真利さんには「(女性が多いだろうけど)頑張って辞めずに続けて」と声をかけられたのが印象的でした。

「ひょうごオリジナルギク」を挿す井戸知事 表敬訪問の様子
井戸敏三 兵庫県知事 作品を解説する田中とき子支部長
作品を囲んで記念写真
テーマ「兵庫県の秋」。県の花ノジギク、ひょうごオリジナルギク、山田二輪菊、スプレー菊、ワレモコウ、ナナカマド、満天星ツツジ
左から池坊PR大使の竹中氏、上田氏、真利氏、山下氏、井戸知事、小野さん、田中支部長