池坊ホームページへ

全国47都道府県のいけばなとは

全国いけばな作品一覧

鹿児島県

訪問日 2012年6月19日(火)
訪問先 鹿児島県県庁 知事室 伊藤祐一郎知事
鹿児島県の花 グラジオラス
全国訪問スケジュール

※役職名等は当時の情報です。

2012/6/28更新

『全国47都道府県のいけばな』伊藤祐一郎 鹿児島県知事を表敬訪問

今回の訪問先は鹿児島県。6月19日に伊藤祐一郎知事を表敬訪問しました。

鹿児島県の花は日本一の生産数を誇る「グラジオラス」。作品の花材は、鹿児島県の奄美産のグラジオラスを中心に、ドウダンツツジ、カスミソウ、ナルコランなどを使用。花器は、県の特産である「指宿長太郎焼窯」の器を使用しました。

当日は、池坊鹿児島県連合支部長 米森葉子、財団法人池坊華道会評議員 福崎康子、鹿児島支部支部長 中森スミエ、鹿屋支部支部長 吉留艶子、薩摩川内市支部支部長 中村レイ子、出水支部支部長 坂ノ上幸子、南鹿児島支部支部長 有村恭子、鹿児島親和会支部支部長 井上美惠子、PR大使として山中亜友美、宮元弥生の計10名が知事を訪問。

鹿児島県連合支部長より、今回の訪問のご挨拶と池坊550年の歴史やいけばなの成り立ち、献上する作品について知事にご説明した後、知事にグラジオラスを挿していただき作品が完成。

知事は鹿児島県を花で溢れる町にしていきたいとご自身の考え述べられるなど終始和やかな訪問となりました。表敬訪問の最後に鹿児島県の若手華道家の代表として着物を着たPR大使が「鹿児島県の文化に貢献していきたい」と宣言しました。

献上した作品は、県庁舎の2Fロビーに展示していただき、県庁を訪れた県民の皆様に作品をご覧いただきました。

知事に挨拶 表敬訪問の様子
知事がグラジオラスを挿し作品が完成 PR大使による知事へのメッセージ
グラジオラス、ドウダンツツジ、カスミソウ、ナルコラン
一列目左から 福崎康子(財団法人池坊華道会 評議員)、伊藤祐一郎知事、米森葉子(鹿児島県連合支部長)、二列目左から 中森スミエ(鹿児島支部)、山中亜友美(PR大使)、宮元弥生(PR大使)、吉留艶子(鹿屋支部)、坂ノ上幸子(出水支部)、有村恭子(南鹿児島支部)、井上美惠子(鹿児島親和会支部)、中村レイ子(薩摩川内市支部)