池坊ホームページへ

全国47都道府県のいけばなとは

全国いけばな作品一覧

高知県

訪問日 2012年2月23日(木)
訪問先 高知県庁 尾崎正直知事
高知県名産の花 グロリオサ
全国訪問スケジュール

※役職名等は当時の情報です。

2012/2/28更新

550年祭企画 『全国47都道府県のいけばな』尾崎正直 高知県知事を表敬訪問

今回の訪問先は高知県。
歴史に記された1462年2月25日よりちょうど550年を迎える2日前、2月23日に尾崎正直知事を表敬訪問しました。

高知県が日本全国シェア70%を占める「グロリオサ」と、ドイツで開催された国際園芸見本市「IPM ESSEN2011」 において最優秀の称号を得た「ブルースター(ピュアブルー)」、そしてキウイヅルをゴールドとシルバーの花器にいけあげた上品で華やかな作品のテーマをグロリオサの花言葉でもある『栄光』とし、知事に贈呈しました。

当日は、池坊雅史事務総長、池坊高知県連合支部長・池坊高知橘支部 西澤佐代支部長をはじめ、池坊高知第一支部 宮地百合子支部長、池坊高知橘支部 杉本雅子氏、池坊高知橘支部 甲藤徳子氏、池坊高知橘支部 楠瀬政子氏、池坊高知第一支部 山崎容子氏、池坊PR大使 田中愛子さん(池坊高知橘支部)、小松眞弓さん(池坊高知第一支部)の計9名が出席し、知事をお迎えしました。

はじめに、事務総長が池坊550年祭についてと今回の訪問の趣旨を説明され、西澤支部長より、池坊の花形についてと今回使用した花材について説明いただきました。見事栄光を手にした花材を用いて、これからの高知県と池坊のますますの発展を願って、知事よりグロリオサを挿し入れていただき、作品が完成。知事が今回の訪問にあたってのお礼を述べられました。

2人のPR大使より「これからも池坊を未来につないでいく」とそれぞれの思いをもって決意表明がされた後も、知事は池坊の歴史について興味をもたれ、ポスターに掲載の「花王以来の花伝書」や、六角堂と親鸞聖人のつながりなど質問を交えてじっくりと聞かれていました。

今光輝く花を作品にし、限られた時間の中で、池坊の歴史、今、これからについて知事に知っていただく機会となりました。

訪問の様子
知事が「グロリオサ」を挿し、完成!
PR大使がいけばなの魅力をPR
作品を鑑賞
テーマ『栄光』
グロリオサ 赤(サザンウィンドウ)、グロリオサ 黄(ルテア)、ブルースター(ビュアブルー) 、キウイヅル
左より、PR大使 小松眞弓(高知第一支部)、田中愛子(高知橘支部)、楠瀬政子(高知橘支部)、山崎容子(高知第一支部)、池坊高知第一支部長 宮地百合子、池坊高知県連合支部長 西澤佐代、事務総長、尾﨑知事、杉本雅子(高知橘支部)、甲藤徳子(高知橘支部)(敬称略)