池坊ホームページへ

全国47都道府県のいけばなとは

全国いけばな作品一覧

長野県

訪問日 2011年9月5日(月)
訪問先 長野県県庁 知事応接室 阿部守一知事
長野県の花 リンドウ
全国訪問スケジュール

※役職名等は当時の情報です。

2011/09/08更新

550年祭企画 『全国47都道府県のいけばな』阿部守一長野県知事を表敬訪問

来年2012年に歴史上の文献に記されてから550年を迎えることを記念した「いけばな池坊550年祭」のスタートを11月に控え、その記念事業の一つ『全国47都道府県のいけばな』を全国展開中です。今回の訪問先は長野県。9月5日に阿部守一知事を表敬訪問しました。

今回の訪問でいける「県の花」はリンドウ。今回はJA全農長野の協力を得て、地元長野で栽培されたリンドウの他にトルコキキョウ、カーネーション、菊を提供いただきました。長野県は花の産地としても有名で、素晴らしい花々を生産されています。
また、使用する花器は、以前長野支部とコラボレーション展を開催したこともある長野県安曇野市在住の本間友幸氏の花器を使用、長野づくしのいけばな作品を知事に贈呈することができました。

当日は池坊雅史事務総長、長野県連合支部の小松久美子支部長はじめ地元長野の5支部長、長野市内で華道を学ぶ「池坊PR大使」河島郁子さんと浅井真紀さんが出席。また、JA全農長野の手島英雄係長、陶芸家の本間氏も同行いただきました。

阿部守一知事は、池坊550年祭の説明を受けた後、作品に長野県の花「リンドウ」を挿し入れました。阿部知事は「池坊の皆様には、長年に渡り、長野県の文化発展に尽力いただき改めて感謝したい」「いけばなには長き伝統の中で磨かれた美しさを感じる」と話されました。信州の秋を表現した作品は、その後知事室に飾られました。

いけばな作品と阿部守一知事 池坊雅史事務総長と歓談
池坊PR大使「文化の発展に寄与します」と宣言 知事がリンドウを挿し入れました
左から、陶芸家本間氏、PR大使の河島氏、浅井氏、小松支部長(飯田)、事務総長、五味支部長(諏訪)、天野支部長(松本)、長坂支部長(東信)、JA全農長野手島氏、全列左から阿部知事、中村支部長(長野)、竹内支部長(伊那)
テーマ「信州の秋」。県の花りんどう、県の木白樺、トルコキキョウ、菊、カーネーション、夏ハゼ、ツルウメモドキ