池坊ホームページへ

全国47都道府県のいけばなとは

全国いけばな作品一覧

和歌山県

訪問日 2012年1月26日(木)
訪問先 大阪府庁 特別会議室 松井 一郎知事
大阪府の花
全国訪問スケジュール

※役職名等は当時の情報です。

2012/2/1更新

『全国47都道府県のいけばな』松井 一郎 大阪府知事を表敬訪問

今回の訪問先は大阪府。1月26日に松井 一郎知事を表敬訪問しました。
大阪府知事と言えば、昨年11月に知事選があり、当選されたばかりで大変お忙しいところ、貴重なお時間をいただけることになりました。

当日は、大阪府連合支部長・大阪専修会支部の西川文子支部長をはじめ、池坊河内支部・山口一華支部長、池坊大阪中央橘会支部・優谷省子支部長、池坊大阪橘会支部・峠紀子支部長、池坊西大阪支部・山田誠華支部長、池坊浪速支部・中園都子支部長、池坊東大阪支部・福田敏子支部長代理、 そして、池坊PR大使として池坊大阪中央橘会支部所属の門井しおりさんと、三谷まりさん、また、財団法人池坊華道会 池坊雅史事務総長が出席しました。
松井一郎知事は部屋に入ると、まず出席者一人一人に笑顔で名刺交換をしていただき、先生方の緊張もほぐれ、まず池坊雅史事務総長より、松井知事に今回の表敬訪問の趣旨を説明の後、西川文子連合支部長より知事へ献上するいけばなについて説明しました。

大阪府の県花は『梅』。大阪府池田市木部町で生産されている「梅」と「花桃」を使い、その他菊、百合、アンスリューム、スターチス、ゴットを取り混ぜながら、色鮮やかな取り合わせとなりました。
花器は『黄金の花器』を使用。大阪城を築城した豊臣秀吉が”黄金の茶室”を作らせたのは有名で、この茶室を監修したのが千利休と言われていますが、この千利休が活躍していた同時期、池坊の歴代家元の中で随一の腕前と言われた池坊専好に、豊臣秀吉からいけばなの依頼があったら・・・と考え、今回 ”黄金の茶室”にちなんだ『黄金の花器』を使用し、いけばなを生けました。
最後に、松井知事に「梅」を一枝挿し入れていただき作品が完成すると、全員から大きな拍手が湧きました。

その後皆で歓談し、西川文子連合支部長より、「1月31日に知事が誕生日を迎えられるので、お祝いもかねて、大阪が盛り上がるように願いを込めて、枝振りの良い梅を使いました。」と述べると、松井知事は、「伝統文化に疎い私の目から見ても、とても綺麗です。」と喜ばれました。
また、池坊雅史事務総長が、「地元の花や木を使ったいけばなを通じて、少しでも花の魅力を知って欲しい。」と述べると、「いけばなのように、大阪も花を開かせたい。」と松井知事が話されました。

最後に「池坊PR大使」として任命された地元大阪で華道を学ぶ、門井しおりさんと三谷まりさんから、「微力ながらも、伝統文化である池坊いけばなの普及にがんばります!!」と元気よく宣言。
知事は、PR大使の宣言を興味深く聞かれ、参加者全員に「頑張ってください。」と激励をいただきました。

作品に最後の一枝を挿される松井一郎知事 しばし、歓談。池坊をPR!
PR大使の門井しおりさん。ご結婚でイギリスに行かれるそうで、海外で池坊の素晴らしさを広めると宣言!! PR大使の三谷まりさん。産経新聞社にお勤めの方で、「いけばなへの思い」を伝えました!!
花材は、梅・花桃・菊・百合・アンスリューム・スターチス・ゴット
梅は大阪府の花。梅と花桃は、大阪府池田市木部町で生産のものを使用。
左から、大阪橘会支部長・峠紀子、大阪中央橘会支部長・優谷省子、河内支部長・山口一華、西大阪支部長・山田誠華、浪速支部長・中園都子、東大阪支部長・福田敏子、PR大使の門井しおりさん(大阪中央橘会)、
全列左 大阪府連合・西川文子支部長、松井一郎知事、池坊雅史事務総長、PR大使の三谷まりさん(大阪中央橘会)