池坊ホームページへ

全国47都道府県のいけばなとは

全国いけばな作品一覧

静岡県

訪問日 2012年4月23日(月)
訪問先 静岡県庁 知事室 川勝平太知事
静岡県の花 つつじ
全国訪問スケジュール

※役職名等は当時の情報です。

2012/4/26更新

『全国47都道府県のいけばな』川勝平太 静岡県知事を表敬訪問

今回の訪問先は静岡県。4月23日に川勝平太知事を表敬訪問しました。

「つつじ」が静岡県の県花に指定されたのは1965年で、県内には多くの野性のつつじが咲いています。中には静岡県にしかない品種もあります。花器は、足利時代より代々受け継がれている静岡県の陶器「志戸呂焼」を使用させていただきました。

当日は池坊静岡県連合支部長 高林哲郎、池坊華道会評議員 大島利郎、静岡支部長 佐藤妙子、富士支部長 渡辺和美、南豆支部長 長谷川千恵子、岳南支部長 深澤佐和子、清水支部長 松田あつ子、掛川支部長 榑林美智子、浜松遠陽支部長 勝又洋美、静岡桂香会支所長 渡邉俊子、富士宮支所長 諏訪節子、PR大使 静岡支部 青年部 加藤尚子、同じく清水支部 青年部 長坂映里奈、陶芸家 志戸呂焼窯元 青島利陶氏の計14名が知事を訪問。

まず、高林連合支部長から池坊550年祭や今回の訪問についてのご挨拶、作品の説明の後、知事に最後の一本、つつじを挿していただき、作品が完成。

川勝知事は知事になられる前の平成19年から2年間、静岡文化芸術大学の学長をされており、お花、お茶、日本文化などのお話で盛り上がり、終始和やかな訪問となりました。

表敬訪問の様子 陶芸家 青島利陶氏より花器の説明
川勝知事がつつじをいけられる PR大使からの伝統の継承についての宣言
県の花「つつじ」
左から渡邉俊子(静岡桂香会)、諏訪節子(富士宮)、榑林美智子(掛川)、深澤佐和子(岳南)、渡辺和美(富士)、大島利郎評議員、加藤尚子(PR大使)、川勝平太知事、長坂映里奈(PR大使)、佐藤妙子(静岡)、高林哲郎(浜松華進社)、松田あつ子(清水)、長谷川千恵子(南豆)、勝又洋美(浜松遠陽)、青島利陶氏(陶芸家)