池坊ホームページへ

全国47都道府県のいけばなとは

全国いけばな作品一覧

栃木県

訪問日 2012年6月13日(火)
訪問先 栃木県県庁 特別会議室 福田富一知事
栃木県の花 ヤシオツツジ
全国訪問スケジュール

※役職名等は当時の情報です。

2012/6/21更新

『全国47都道府県のいけばな』福田富一 栃木県知事を表敬訪問

今回の訪問先は栃木県。6月13日に福田富一知事を表敬訪問しました。

栃木県の花は「ヤシオツツジ」。作品の花材は、ヤシオツツジを中心に、県内で生産が盛んなユリ、ミニバラを使用。ヤシオツツジは、花の開花時期は5月のため見頃こそ過ぎておりましたが、新緑が映え初夏を感じさせる作品となりました。花器は、県の特産である「益子焼」の器を使用しました。

当日は、池坊栃木県連合支部長・小山支部長 豊田ふく、宇都宮支部長 久保満子、栃木支部長 岸裕子、下野燦邑会支所長 高木敏子、PR大使として小山支部 長濱淳子、栃木支部 谷澤明日香の計6名が知事を訪問。

豊田連合支部長より、今回の訪問のご挨拶と池坊550年の歴史やいけばなの成り立ち、献上する作品について知事にご説明した後、知事にユリを挿していただき、作品が完成。

PR大使の谷澤明日香さんは「職場で異なる年代の方と接することが多いのですが、お花の話題を通じて世代を越えたつながりを築くことができます。今後もいけばなを頑張っていきます」と抱負を述べ、長濱淳子さんは「子供達に池坊いけばなの歴史、奥の深さを教えていきたいです。気軽にいけばなをはじめてもらえるよう、敷居が高いイメージを変えていきたいです。」と今後の目標を知事にアピール。知事より「県内で次世代への伝承の役目を担ってください」とお言葉を頂戴しました。

献上した作品は、「栃木県の初夏」と題して県庁舎の15F展望ロビーに展示していただきました。6月15日の県民の日には、県庁を訪れた県民の皆様に作品をご覧いただきました。

表敬訪問の様子 知事がユリを挿し作品が完成
PR大使による知事へのメッセージ いけばな作品を熱心にご覧になる知事
ヤシオツツジ(県の花)、ユリ、ミニバラ
左から岸裕子(栃木支部長)、久保満子(宇都宮支部長)、豊田ふく(小山支部長)、福田富一知事、PR大使 谷澤明日香(栃木支部)、PR大使 長濱淳子(小山支部)、高木敏子(下野燦邑会支所長)