池坊ホームページへ

全国47都道府県のいけばなとは

全国いけばな作品一覧

鳥取県

訪問日 2011年11月16日(水)
訪問先 鳥取県県庁 第2応接室 平井伸治知事
鳥取県の花 ストック
全国訪問スケジュール

※役職名等は当時の情報です。

2011/11/17更新

『全国47都道府県のいけばな』平井伸治 鳥取県知事を表敬訪問

記念事業の一つ『全国47都道府県のいけばな』を全国展開中です。今回の訪問先は鳥取県。11月16日に平井伸治知事を表敬訪問しました。

鳥取県の花は「ストック」。この季節、鳥取県のストックは生産全国第1位です。鳥取県農林水産局生産振興課とJA鳥取の協力を得て、最高のストックを生けることができました。県の木「ダイセンキャラボク」は国定公園にしかなく入手不可能で、それに似たの樹木を使いました。
また、使用する花器は、地元鳥取の中井窯坂本章氏の作品を使用しました。

当日は鳥取県連合支部の福本博子支部長、林千代美鳥取支部長、大古戸康子米子支部長と地元で華道を学ぶ「池坊PR大使」近藤梨絵さん、山田美紀さんが出席。小学校の教員を務める二人から“いけばなの魅力”がPRされました。

平井伸治知事は「鳥取県のストックは生産量全国1位。今日もこうして素晴らしいいけばなに生けていただいて嬉しい。今日の花を見ていると、文化の素晴らしさ、日本という国の素晴らしさを感じます。550年を迎えられる池坊の皆様に心からお祝いを申し上げます。」と話され、作品の仕上げに「ストック」を挿し入れました。

「鳥取県のいけばな」を観賞する平井伸治知事 表敬訪問の様子
知事からお祝いと激励をいただきました 緊張の様子で「ストック」を挿し入れる知事
いけばなの素晴らしさを知事にPR テレビ取材に対応するPR大使の山田さん
テーマ「鳥取県の秋」。県の特産の花ストック、イトギク、リンドウ、シラビゾ、ウメモドキ
左から池坊PR大使の近藤梨絵氏、平井伸治知事、山田美紀氏、福本支部長、林支部長、大古戸支部長