池坊ホームページへ

全国47都道府県のいけばなとは

全国いけばな作品一覧

富山県

訪問日 2012年3月28日(水)
訪問先 富山県 特別室 石井隆一知事
富山県の花 チューリップ
全国訪問スケジュール

※役職名等は当時の情報です。

2012/4/5更新

『全国47都道府県のいけばな』石井 隆一 富山県知事を表敬訪問

今回の訪問先は富山県。3月28日に石井隆一知事を表敬訪問しました。

富山県の花は「チューリップ」。そのチューリップとカークリコ、カスミソウ、スターチスが今回の花材です。
球根栽培が盛んで、日本一の生産量を誇っています。

現在、250品種あり、その中から黄色が鮮やかな「モンテカルロ」と愛らしい「ラルゴ」を用いました。
両種とも八重咲きの華やかなチューリップです。

当日は富山県連合支部長 魚津支部長 梅澤さちこ氏、高岡支部長 矢野美保子氏、射水支部長 林敦子氏、滑川支部長 石田素子氏、富山支部長 酒井和佳子氏、富山中央支部長 塚田由喜江氏、(財)池坊華道会 理事 中川雅風氏、PR大使 清川絢加さん、PR大使 酒井麗子さんの計9名が知事を訪問。

まず、梅澤連合支部長から池坊550年祭や今回の訪問についてご挨拶をした後、知事に最後の一本のチューリップ「ラルゴ」を挿していただき、作品が完成。
「春の訪れ」と題し、緑のさわやかなカークリコで立山連峰の山並みを、カスミソウで雪を表現し、チューリップで雪解けの中から感じさせてくれる「春の訪れ」を表現しました。

知事からは「富山県の誇りであるチューリップを用いた可愛い作品で素晴らしいですね。華道は日本の文化の芯の一つだと思います。これからも華道家元池坊の発展を願っております」とお話になられました。

献上した作品は、550年のパネルとともに県庁2階 県民サロンに展示いただきました。

表敬訪問の様子 PR大使から意気込みを伝える
石井知事がチューリップをいけられる 挨拶される石井知事
県の花「チューリップ」、カークリコ、カスミソウ、スターチス
左から矢野美保子氏(高岡)、石田素子氏(滑川)、林敦子氏(射水)、酒井和佳子氏(富山)、中川雅風理事、石井隆一知事、梅澤さち子氏(魚津)、清川絢加さん(PR)、酒井麗子さん(PR)、塚田由喜江氏(富山中央)