サイトトップ > お知らせ一覧 > 京都市「中高生限定!きもの着付け&和文化体験」に協力

いけばな体験

2016年3月17日更新

京都市「中高生限定!きもの着付け&和文化体験」に協力

京都市の伝統産業の日に関連して、3月12日(土)に京都市産業観光局が主催する「中高生限定!きもの着付け&和文化体験」の一環として、六角堂見学及びいけばな体験が実施されました。

「中高生限定!きもの着付け&和文化体験」は、京都市が毎年この時期に行っている行事で、定員200名がすぐに埋るほどの人気です。今回200名中、40名がいけばな体験に参加し、その他の方は風呂敷の包み方や鹿の子絞りなどを体験されました。

当日京都産業会館で着付けをした京都市内の中高生が、まだ少し肌寒い中、色鮮やかなきもの姿で六角堂境内を巡り、本堂や太子堂、へそ石などを見ながら、六角堂の建立から聖徳太子や小野妹子との関わり、華道発祥の起源などについて学ばれました。

いけばな体験では講師の小池美由希氏(華道家元池坊京都支部)が、「伝統と品格をいける」をテーマに、いけばなとフラワーアレンジメントの違いを説明し、いけばなの心について理解を深めました。 皆さん、初めてのいけばなに慣れない手付きで苦戦していましたが、真剣に花と向き合い、完成した作品を、小池氏がアドバイスをしながら一人ずつ手直しをし、個性が活かされた作品が並びました。

その後、皆さんは各自の作品を写真に収め、きもの姿での和文化体験に充実した面持ちで帰られました。



和文化

六角堂見学



和文化

いけばな体験

この記事を読まれた方は以下の記事も読まれています。

ページの先頭へ

サイトトップ > お知らせ > 京都市「中高生限定!きもの着付け&和文化体験」に協力

いけばなを はじめる

はじめての方へ

はじめてQ&A、教室の探し方、お稽古をはじめたら等

いけばな教室を探す

いけばなを 知る

いけばな池坊のご案内

池坊とは、いけばなの型、いけばなの歴史等

いけばなギャラリー