サイトトップ > お知らせ一覧 > 同志社大学の留学生がいけばな体験

いけばな体験

2016年5月26日更新

同志社大学の留学生がいけばな体験

同志社大学 日本語・日本文化教育センターに留学している学生24名が、京都・池坊を訪問し、六角堂といけばな資料館を見学し、いけばな体験をしました。

まず一行は、六角堂と資料館を見学。
六角堂の建立から華道発祥について説明を受け、境内にある"縁結びの柳"や"へそ石"なども見学。
資料館では、展示されている様々な歴史的資料を通して、さらに華道について理解を深めました。

続いて、いけばなに関する講義とデモンストレーションを受け、花材にショウブ・シャクヤク・ナデシコ・ナルコユリを用い、花器・剣山に加え、身近なものを花器に用い、思い思いの作品をいけこみました。

学生たちは、華道発祥の地で、いけばなの歴史や文化に触れ、実際にお花をいけることができ、貴重な経験として感じていただけた様子でした。

学校華道では、六角堂、いけばな資料館の見学、いけばな体験を受け付けています。
今回のように留学生の皆さんも多く訪れています。
郵送、Fax、メールのいずれでも受け付けますので、華道発祥の地での華道体験に興味のある方は是非、華道会までご連絡下さい。
【お問合せ・お申込】
〒604-8134 京都市中京区六角通東洞院西入堂之前町248
一般財団法人 池坊華道会 事業部 学校華道課
Fax:(075)255ー3568 Mail:school@ikenobo.jp



見学の様子

見学の様子



体験の様子

体験の様子

この記事を読まれた方は以下の記事も読まれています。

ページの先頭へ

サイトトップ > お知らせ > 同志社大学の留学生がいけばな体験

いけばなを はじめる

はじめての方へ

はじめてQ&A、教室の探し方、お稽古をはじめたら等

いけばな教室を探す

いけばなを 知る

いけばな池坊のご案内

池坊とは、いけばなの型、いけばなの歴史等

いけばなギャラリー