サイトトップ > お知らせ一覧 > 岐阜県立飛騨高山高等学校(華道部)の生徒が京都・池坊を訪問

いけばな体験

2016年8月18日更新

岐阜県立飛騨高山高等学校(華道部)の生徒が京都・池坊を訪問

8月9日(火)、岐阜県立飛騨高山高等学校の華道部員12名、及び引率の顧問と池坊教授者4名が京都・池坊を訪問。同華道部は昨年に引き続き部の研修として池坊を訪れ、この日も早朝からバスを仕立てて飛騨高山からお越しになられました。

一行は六角堂といけばな資料館を見学し、いけばなの講義・実技を受講。
六角堂では、寺の建立から華道発祥の地である謂れなどについて説明を受け、その後の資料館でも様々な歴史的資料を見学しました。

いけばなに関する講義では、花をいける上で大切なことが何であるか『専応口伝』を紐解きながら解説した他、作品の着想を花材・花器・環境・行事などからどのように得るか、草木の外面的要素と内面的想をどう捉えるかなど、作品構成を考える上で欠かせない内容のものを、熱心に学ばれました。
その後、パンパスグラスやミニアンスリウム、リンドウ、ケイトウ、キイチゴを用い、前段の講義で学んだ内容を取り入れつつ、一生懸命に作品制作に取り組まれ、日頃のお稽古の成果を発揮されてました。
講義・実技には引率の池坊教授者も参加され、こちらは皆さん初心に戻った面持ちで受講されていました。

最後には事務総長 池坊雅史が激励に訪れ、伝統文化“いけばな”を学ぶ意義や重要性、また生徒の皆さんを京都に送り出してくださったご両親や引率の方を始めとする周囲の方々への感謝について講話を行うなど、大変充実した内容の研修となり、皆さん一様に満足そうな様子でした。


学校華道では、六角堂、いけばな資料館の見学、いけばな体験を受け付けています。
郵送、Fax、メールのいずれでも受け付けますので、華道発祥の地での華道体験に興味のある方は是非、華道会までご連絡下さい。
【お問合せ・お申込】
〒604-8134 京都市中京区六角通東洞院西入堂之前町248
一般財団法人 池坊華道会 事業部 学校華道課
Fax:(075)255ー3568 Mail:school@ikenobo.jp



見学の様子

見学の様子



体験の様子

体験の様子

この記事を読まれた方は以下の記事も読まれています。

ページの先頭へ

サイトトップ > お知らせ > 岐阜県立飛騨高山高等学校(華道部)の生徒が京都・池坊を訪問

いけばなを はじめる

はじめての方へ

はじめてQ&A、教室の探し方、お稽古をはじめたら等

いけばな教室を探す

いけばなを 知る

いけばな池坊のご案内

池坊とは、いけばなの型、いけばなの歴史等

いけばなギャラリー