サイトトップ > お知らせ一覧 > 大阪国際大和田中学校が校外学習として京都・池坊にて授業を実施

いけばな体験

2016年11月24日更新

大阪国際大和田中学校が校外学習として京都・池坊にて授業を実施

平成28年11月19日(土)、大阪国際大和田中学校の生徒18名が校外学習として、京都・池坊を訪問し、六角堂・いけばな資料館を見学し、授業を実施しました。

同校は、毎週土曜日に、総合「華道」の授業にて、池坊いけばなに取り組んでいただいています。
前期の授業に引き続き、このたびも校外学習として、普段取り組んでいる華道発祥の地を訪問しました。

まず一行は、六角堂といけばな資料館を見学。
六角堂の建立から聖徳太子や小野妹子との関わり、華道発祥の起源について説明を受け、境内にある"へそ石"や“専応口伝”のモニュメント、華道家元池坊の門標についても解説を聞きながら見学しました。その後、いけばな資料館では、六角堂と池坊、立花や生花についてなど、普段見ることの出来ない貴重な資料や展示物に触れながら、さらに理解を深めました。

続いて、同校の教授者である木挽登士子氏(華道家元池坊大阪中央橘会支部)の指導のもと講義と実技。
“たて・よこ・ななめ”の3つの基本形態と“線・面・点・マッス”の4つの構成要素を考えていけること、挿し口をまとめること、テーマを考えていけることについて講義を受け、トクサ・ダリア・ナデシコ・千日紅・ゴットを花材に用い、実技を行いました。

普段の授業では、学校華道用の黒コンポート花器を用いていますが、今回も花器庫から好きな花器を選び、花材との調和を考え、イメージした作品に近づくよう、思い思いにいけこみました。

完成後は「第19回学校華道インターネット花展」に応募するための写真を撮影したり、お互いの作品を見合ったりと、和やかな雰囲気での授業となり、生徒の皆さんは普段と違う環境の中、華道発祥の地での貴重な経験になった様子でした。

学校華道では、六角堂、いけばな資料館の見学、いけばな体験を受け付けています。
同校のように学校華道実習校の訪問も大歓迎です。
郵送、Fax、メールのいずれでも受け付けますので、華道発祥の地での華道体験に興味のある方は是非、華道会までご連絡下さい。
【お問合せ・お申込】
〒604-8134 京都市中京区六角通東洞院西入堂之前町248
一般財団法人 池坊華道会 事業部 学校華道課
Fax:(075)255ー3568 Mail:school@ikenobo.jp

当日の様子は学校HPでもご紹介いただいております



実技の様子1

実技の様子1



実技の様子2

実技の様子2

この記事を読まれた方は以下の記事も読まれています。

ページの先頭へ

サイトトップ > お知らせ > 大阪国際大和田中学校が校外学習として京都・池坊にて授業を実施

いけばなを はじめる

はじめての方へ

はじめてQ&A、教室の探し方、お稽古をはじめたら等

いけばな教室を探す

いけばなを 知る

いけばな池坊のご案内

池坊とは、いけばなの型、いけばなの歴史等

いけばなギャラリー