サイトトップ > お知らせ一覧 > 京都外国語大学の留学生が六角堂・資料館を見学

いけばな体験

2016年12月15日更新

京都外国語大学の留学生が六角堂・資料館を見学

京都外国語大学の留学生21名が12月7日と14日の2日に分かれ、京都・池坊を訪問し、六角堂・いけばな資料館を見学しました。

留学生たちは、普段、大学にて「日本の伝統文化Ⅱ(華道)」という科目で、池坊いけばなに取り組んでいます。その一環として華道発祥の地を訪問いただき、前期に加え、後期の履修生の皆さんにもお越しいただきました。

まず一行は六角堂を見学。
六角堂の建立から聖徳太子や小野妹子との関わり、朝夕の仏前供花から華道が発祥したことについて説明を受けた後、境内にある"へそ石"や“縁結びの柳”、“専応口伝”のモニュメントなども解説を聞きながら見学しました。

続いて、いけばな資料館を見学。
立花(りっか)や生花(しょうか)に関する資料をはじめ、六角堂と池坊など、展示された普段見ることの出来ない様々な歴史的資料を通して理解を深めました。

見学にお越しいただいた皆さんは、終始、説明に聞き入り、日頃取り組んでいる池坊いけばなの発祥の地を訪問し、さらに理解を深められた様子でした。

学校華道では六角堂、いけばな資料館の見学、いけばな体験を受付けています。
郵送、Fax、メールのいずれでも受け付けますので、華道発祥の地での華道体験に興味のある方は是非、華道会までご連絡下さい。

【お問合せ・お申込】
〒604-8134 京都市中京区六角通東洞院西入堂之前町248
一般財団法人 池坊華道会 事業部 学校華道課
Fax:(075)255ー3568 Mail:school@ikenobo.jp

 (六角堂)見学の様子"

(六角堂)見学の様子

 (資料館)見学の様子"

(資料館)見学の様子

この記事を読まれた方は以下の記事も読まれています。

ページの先頭へ

サイトトップ > お知らせ > 京都外国語大学の留学生が六角堂・資料館を見学

いけばなを はじめる

はじめての方へ

はじめてQ&A、教室の探し方、お稽古をはじめたら等

いけばな教室を探す

いけばなを 知る

いけばな池坊のご案内

池坊とは、いけばなの型、いけばなの歴史等

いけばなギャラリー