サイトトップ > お知らせ一覧 > 長崎市の鎮西大社諏訪神社にて次期家元が献華を行います

ニュース

2017年3月30日更新

長崎市の鎮西大社諏訪神社にて次期家元が献華を行います

次期家元 池坊専好がいけばなを神前に奉納する第30回「諏訪森崎大祭奉納献華祭」が、4月2日(日)長崎市の鎮西大社 諏訪神社にて行われます。
「諏訪森崎大祭奉納献華祭」は、長崎県内の池坊の支部(長崎支部、長崎正風会支部、長崎中央支部)がいけばなを奉納する献華式で、今年で30回目の節目を迎えることから次期家元 池坊専好が献華を奉納することになりました。
当日は、貴賓館から拝殿までの参道を、献華奉仕者一行が行進する「参進の儀」の後、神前にいけばなを奉納する「献華の儀」が行われます。
4月1日(土)・2日(日)の二日間は、参集殿にていけばな作品の展示も行われます。
荘厳な雰囲気の中行われる献華式。お近くの方はぜひ鎮西大社 諏訪神社にお越しください。


◆諏訪森崎大祭奉納献華祭
◆場所 鎮西大社 諏訪神社(長崎市上西山町18-15)
◆日時 4月2日(日)
  10:00~「参進の儀」貴賓館から拝殿までの参道を一行が行進します。
  10:15~ 「献華の儀」拝殿にて、次期家元 池坊専好が立花(りっか)を神前に奉納します。
◆同時開催「奉賛いけばな池坊展」
4月1日(土)・2日(日)10:00~16:00、参集殿にて長崎県内の池坊の支部(長崎支部、長崎正風会支部、長崎中央支部)によるいけばな63作品を展示します。

鎮西大社 諏訪神社ホームページ

この記事を読まれた方は以下の記事も読まれています。

ページの先頭へ

サイトトップ > お知らせ > 長崎市の鎮西大社諏訪神社にて次期家元が献華を行います

いけばなを はじめる

はじめての方へ

はじめてQ&A、教室の探し方、お稽古をはじめたら等

いけばな教室を探す

いけばなを 知る

いけばな池坊のご案内

池坊とは、いけばなの型、いけばなの歴史等

いけばなギャラリー