サイトトップ > お知らせ一覧 > 鳥取県立鳥取西高等学校にて事務総長 池坊雅史が講演を行いました

学校華道

2017年7月13日更新

鳥取県立鳥取西高等学校にて事務総長 池坊雅史が講演を行いました

7月10日(月)、鳥取県立鳥取西高等学校にて(一財)池坊華道会 事務総長 池坊雅史が講演を行いました。

同校は、鳥取県内で初めて、スーパーグローバルハイスクールとして文部科学省より指定を受け、「地域・世界とつながり新しい価値を創造するグローバル・リーダーの育成」を目標に掲げ、取り組んでいます。今回のように、定期的に「SGHセミナー」として、外部講師を招き、テーマに基づき、学びを深めています。
その一環として、このたび講演を行い、約50名の生徒が聴講しました。

今回のテーマは「華道を体験~日本の文化を世界に~」。
まずはじめに、池坊いけばなの哲学や精神性について、華道部員によって、いけられた生花(しょうか)の作品に触れつつ、解説。その後、自身の海外での経験も交えながら、海外から見た伝統文化“華道”についても話しました。そして、華道を定期的に取り組むことで、生命への共感が生まれ、季節を感じる心が育まれる。それらは、他者への思いやり、故郷を愛する心に繋がることを講演しました。

最後に「勉学も大事だが、鳥取の大自然から四季を感じつつ、鳥取を発展させるために伝統文化にも取り組んで欲しい。そして、鳥取を愛する心を持って、世界で活躍して欲しい」とメッセージを送り、講演を締め括りました。

講演後には、希望者20名を対象に、同校の池坊教授者である太田瑛子氏(鳥取おおち支部)指導のもと、華道体験も行われ、ほとんどの生徒が初めての体験でしたが、お花と向き合い、体験を通して、より講演内容を深められた様子が見受けられ、講演・実技ともに、皆さん真剣に取り組んでいる姿が印象的でした。ぜひ、講演や体験を通じて、感じたこと・得たことが今後の学校生活に活かされることを期待しています。

同日には、鳥取県 平井伸治 知事、鳥取県教育委員会 森田靖彦 教育次長を表敬訪問し、加えて、鳥取県下の学校華道教授者による意見交換会も行い、鳥取県下での学校華道の促進・発展について協議する機会も設けました。

 講演の様子"

講演の様子

 体験の様子"

体験の様子

この記事を読まれた方は以下の記事も読まれています。

ページの先頭へ

サイトトップ > お知らせ > 鳥取県立鳥取西高等学校にて事務総長 池坊雅史が講演を行いました

いけばなを はじめる

はじめての方へ

はじめてQ&A、教室の探し方、お稽古をはじめたら等

いけばな教室を探す

いけばなを 知る

いけばな池坊のご案内

池坊とは、いけばなの型、いけばなの歴史等

いけばなギャラリー