サイトトップ > お知らせ一覧 > 千葉県立桜が丘特別支援学校の生徒がいけばな体験

いけばな体験

2017年10月12日更新

千葉県立桜が丘特別支援学校の生徒がいけばな体験

10月10日(火)、千葉県立桜が丘特別支援学校の生徒5名が京都・池坊を訪問し、いけばな体験をしました。

まずはじめに、いけばなに関する講義とデモンストレーションを見学。
仏前供花から発祥し、座敷飾りへ変化し、成立を遂げた華道の歴史、「枯れた花にも華がある」という華道の精神、お花に込められた“おもてなしの心”について。また、お花の命を捉えること、お花の表情をしっかりと見て、特徴を見つけること、命をいかすことを心がけることなど、いけばなで大切なことについても説明を受けました。

その後、糸菊・リンドウ・キイチゴ・トクサを花材に用い、いざ実技。
いける際のポイント「古今遠近・右長左短」はもちろん、空間やバランス、花の向きにも意識して、思い思いの作品を完成させました。

参加者からは「芸術の授業でも華道を取り組みたい!」、「家でも華道をやってみたい!」、引率の先生からは「文化祭に作品の写真を展示してみようか」、「生徒のこんなに集中した姿を見たことが無い」等など、嬉しいお声をいただきました。

ぜひ、学校内での取り組みに発展することを願うとともに、来年度の修学旅行の際にもお越しいただけるのをお待ちしています。

学校華道では、六角堂、いけばな資料館の見学、いけばな体験を受け付けています。
郵送、Fax、メールのいずれでも受け付けますので、いけばな発祥の地での華道体験に興味のある方は是非、華道会までご連絡下さい。

【お問合せ・お申込】
〒604-8134 京都市中京区六角通東洞院西入堂之前町248
一般財団法人 池坊華道会 事業部 学校華道課
Tel:(075)231-4922 Mail:school@ikenobo.jp

 体験の様子1"

体験の様子1

 体験の様子2"

体験の様子2

この記事を読まれた方は以下の記事も読まれています。

ページの先頭へ

サイトトップ > お知らせ > 千葉県立桜が丘特別支援学校の生徒がいけばな体験

いけばなを はじめる

はじめての方へ

はじめてQ&A、教室の探し方、お稽古をはじめたら等

いけばな教室を探す

いけばなを 知る

いけばな池坊のご案内

池坊とは、いけばなの型、いけばなの歴史等

いけばなギャラリー