サイトトップ > お知らせ一覧 > 【募集中】総製作費1,000万円!「前田利家邸の大砂物」ギャラリートーク&なりきり専好さん写真撮影会を開催します

花展&イベント

2017年10月19日更新

【募集中】総製作費1,000万円!「前田利家邸の大砂物」ギャラリートーク&なりきり専好さん写真撮影会を開催します

 ギャラリートーク"

「前田利家邸の大砂物」をバックにかしずく専好さん(©2017「花戦さ」製作委員会)


11月8日(水)から開催する平成29年度 旧七夕会池坊全国華道展では、映画『花戦さ』のクライマックスに登場した「前田利家邸の大砂物」を原寸大(幅4間=約7.2m)で再現展示するにあたり、その魅力を存分に堪能していただける「前田利家邸の大砂物ギャラリートーク&なりきり専好さん写真撮影会」を、会期中に開催いたします。

解説にて「前田利家邸の大砂物」の魅力を知っていただいた後、作品展示スペースにお上りいただき、まるで大砂物をバックにかしずく専好さんのように、作品と共に写真をお撮りいただける撮影会を行います。
開催日時・申し込み方法、その他詳細は以下のとおりです。
超大作を間近でご覧いただき、一緒に撮影ができる滅多とない機会ですので、開催概要をご確認の上、ぜひお申し込みください。

◇「前田利家邸の大砂物ギャラリートーク&なりきり専好さん写真撮影会」開催概要
【開催日時】(撮影会含め各回30分程度)
11月 8日(水) 15時~、16時~、17時~、18時~、19時~
11月 9日(木) 15時~、16時~、17時~
11月10日(金) 17時~、18時~、19時~
11月11日(土) 開催無し
11月12日(日) 17時~、18時~、19時~
11月13日(月) 15時~、16時~、17時~

【申込方法】
参加希望日時、氏名、当日連絡先(携帯番号)を、電話・FAX・メールいずれかの方法でお知らせください。

電話 075-231-4922(平日9~17時) / FAX 075-255-3568 ※「前田邸の大砂物ギャラリートーク」係宛
メール katen@ikenobo.jp ※件名に「【申込】「前田邸の大砂物ギャラリートーク」」とお書きください

【会場】
京都高島屋 7階グランドホール

【定員】
各回20名

【締切】
11月6日(月)18:00まで ※以降は直接会場で空き状況をご確認ください

【当日の流れ】
当日は、開始10分前までにいけばな展会場(京都高島屋 7階グランドホール)入り口にご参集いただき、受付係員に参加者である旨お申し出ください。その会の参加者が全員揃い次第、ご案内を開始いたします。

【注意事項】
1) 参加に際しては入場券が必要となります ※当日購入は900円(高校生以下・着物をお召しの方は無料)
2) 撮影用のカメラは各自でご用意ください
3) 作品展示スペースにお上がりいただき撮影できるのは、当イベント参加者のみです
4) お好きなポーズで撮影していただけますが、作品を毀損したり周囲の迷惑となる恐れがある場合はお断り
  させていただくことがございます
5) 枠に余裕がある場合に限り、当日申し込みを受け付けます(空き状況は、高島屋会場の受付係員にお尋ね
  ください)

<「前田利家邸の大砂物」とは>
文禄3(1594)年9月26日に豊臣秀吉が前田利家邸を訪れた際に、初代専好が大広間三之間の床に立てた松の大砂物のこと。間口が四間(約7.2メートル)もある床は、この時代に満ち溢れた豪壮な気風にふさわしいもので、そこに掛けられた四幅対の絵の中に猿20匹が大砂物の松の枝で戯れているように見え、「池之坊一代出来物」と世の賞賛を集めたという(『文禄三年前田亭御成記』)。 映画『花戦さ』では、暴政を敷く秀吉を諌めんと、専好さんが決死の覚悟で進上するというクライマックスのシーンで登場する作品である。


平成29年度 旧七夕会池坊全国華道展の詳細はこちら


 ギャラリートーク"

『文禄三年前田亭御成記』(宮内庁書陵部蔵)

この記事を読まれた方は以下の記事も読まれています。

ページの先頭へ

サイトトップ > お知らせ > 【募集中】総製作費1,000万円!「前田利家邸の大砂物」ギャラリートーク&なりきり専好さん写真撮影会を開催します

いけばなを はじめる

はじめての方へ

はじめてQ&A、教室の探し方、お稽古をはじめたら等

いけばな教室を探す

いけばなを 知る

いけばな池坊のご案内

池坊とは、いけばなの型、いけばなの歴史等

いけばなギャラリー