サイトトップ > お知らせ一覧 > 家元と次期家元が月刊『目の眼』で共演

家元・次期家元

2017年11月02日更新

家元と次期家元が月刊『目の眼』で共演

骨董・古美術の魅力やコレクションの愉しみを紹介する月刊誌『目の眼』(株式会社目の眼 刊)の12月号で、家元池坊専永と次期家元池坊専好が古美術の花器や壺、さらには土器や須恵器などの古い器に秋のいけばなをいける「古器にいける」という特集が掲載されています。

池坊専永、池坊専好それぞれが気に入った古器を古美術店で選び、同じテーマで家元と次期家元が4作ずつ作品を共演する、普段は見ることのできない企画です。
作品をいけ終えての二人のインタビューや、池坊の歴史なども紹介されています。

月刊『目の眼』12月号は11月1日発売、全国書店で好評販売中です。ぜひお読みください。

月刊目の眼ホームページ



 月刊目の眼12月号

 

この記事を読まれた方は以下の記事も読まれています。

ページの先頭へ

サイトトップ > お知らせ > 家元と次期家元が月刊『目の眼』で共演

いけばなを はじめる

はじめての方へ

はじめてQ&A、教室の探し方、お稽古をはじめたら等

いけばな教室を探す

いけばなを 知る

いけばな池坊のご案内

池坊とは、いけばなの型、いけばなの歴史等

いけばなギャラリー