サイトトップ > お知らせ一覧 > 京都造形芸術大学 通信教育部「和の伝統文化コース」のスクーリングを実施

学校華道

2017年11月30日更新

京都造形芸術大学 通信教育部「和の伝統文化コース」のスクーリングを実施

11月24日から11月26日の3日間、京都造形芸術大学 通信教育部 「和の伝統文化コース」のスクーリングとして「伝統文化実践Ⅱ-3(華道)」を実施しました。

講師は、池坊中央研修学院 島津範好研究員が務め、初日は、六角堂・いけばな資料館の見学を含む華道概論、自由花(自然的表現と意匠的表現など)について講義と実技。続いて、二日目は生花(しょうか)について、実技を中心に実施しました。最終日は自由花(行事の花とミニチュア自由花など)についての講義と実技、講師による立花のデモンストレーションが行われました。

実技の中では、完成した作品について、受講者の前で、テーマや作品に込めた思いを発表し合う取り組みも行われました。最初は皆さん、どのようにいければ良いのか、悩みながらいけておられましたが、実技を重ねることで、最終日には花材の特徴をいかし、楽しんで、思い思いの作品をいけられるようになっておられました。

受講生の方からは「初めての経験で難しく感じましたが、やっていく中で面白さ(表情の変化など)をとても感じられました。実技を通して、さらに理解でき、変化を体感できるようになりました」「自然界を五感で捉えて、いけることの大切さを感じました。想像力が膨らみ、楽しむことが出来た」「花を愛しむことができ、無心でお花と向き合うことが出来た」などの感想をいただきました。

学校華道では、六角堂、いけばな資料館の見学、いけばな体験を受け付けています。
郵送、Fax、メールのいずれでも受け付けますので、いけばな発祥の地での華道体験に興味のある方は是非、華道会までご連絡下さい。

【お問合せ・お申込】
〒604-8134 京都市中京区六角通東洞院西入堂之前町248
一般財団法人 池坊華道会 事業部 学校華道課
Tel:(075)231-4922 Mail:school@ikenobo.jp

 実技の様子1"

実技の様子1

 実技の様子2"

実技の様子2

この記事を読まれた方は以下の記事も読まれています。

ページの先頭へ

サイトトップ > お知らせ > 京都造形芸術大学 通信教育部「和の伝統文化コース」のスクーリングを実施

いけばなを はじめる

はじめての方へ

はじめてQ&A、教室の探し方、お稽古をはじめたら等

いけばな教室を探す

いけばなを 知る

いけばな池坊のご案内

池坊とは、いけばなの型、いけばなの歴史等

いけばなギャラリー