サイトトップ > お知らせ一覧 > 平成29年度 京都市教職員研修 第2回目を実施

学校華道

2017年12月21日更新

平成29年度 京都市教職員研修 第2回目を実施

平成29年12月15日、京都市教職員を対象とした「京都伝統産業・文化研修講座(いけばな)」の第2回目を実施しました。

今回の研修テーマは「行事を飾る花 ~暮らしを彩る“はれ”の花~」。

まずはじめに、五節句を紹介し、各日に込められた意味、各日にまつわる花と行事、節目・節目にいける花とその意味について講義しました。その後、講義やデモを踏まえ、コチア、バラ、黄金ミズキ、ゴッドを花材に用い、実技に取り組みました。

受講者からは「普段、何気なく使っている奇数・偶数の持つ意味など、興味深い話をたくさん聞くことができ、知識が増えました」、「何気なく、過ごしている節句も、しっかり意味を知ると大変興味深いと思いました。古の人たちが、様々な暮らしの知恵として残してくれた財産だと感じました。子どもたちにも、今日の知識を教えてみて、どんな反応をするか見てみたいと思いました」などの感想が寄せられました。

次回は「季節を楽しむ花 ~季節の移ろいを花で知る~」を研修テーマに実施し、教育の現場に、いかに還元するか、施策をディスカッションする予定です。

 研修の様子1"

研修の様子1

 研修の様子2"

研修の様子2

この記事を読まれた方は以下の記事も読まれています。

ページの先頭へ

サイトトップ > お知らせ > 平成29年度 京都市教職員研修 第2回目を実施

いけばなを はじめる

はじめての方へ

はじめてQ&A、教室の探し方、お稽古をはじめたら等

いけばな教室を探す

いけばなを 知る

いけばな池坊のご案内

池坊とは、いけばなの型、いけばなの歴史等

いけばなギャラリー