サイトトップ > お知らせ一覧 > 第64回太宰府天満宮献華祭を執り行いました

花展&イベント

2018年2月22日更新

第64回太宰府天満宮献華祭を執り行いました

第64回太宰府天満宮献華祭を2月18日(日)、福岡県の太宰府天満宮にて執り行いました。
午前10時、「参進の儀」として、西鉄太宰府駅をお練りの行列が出発。池坊華道会常務理事・髙鍋和宜氏(池坊福岡支部)を先導に、神前奉仕者、献華道具等を運ぶ振袖姿の女性達、太宰府天満宮幼稚園のお稚児さんらが、 牛が引く花車とともに太宰府天満宮まで参進。

午前10時30分から「献華の儀」を本殿で行いました。神前奉仕者の、池坊鹿児島支部・中森スミヱ支部長と池坊大分支部・大塚タカ子支部長が紅梅、白梅の生花一対をいけ、神前に奉納しました。 続いて、池坊を代表して華道家元池坊 事務総長 池坊雅史と神前奉仕者の二名が、玉串拝礼を行いました。
正午からは、「直会の儀」を余香殿2階で催し、410名の参加者が饗膳をいただきました。

また、天満宮回廊では、奉賛いけばな池坊展を2月16日(金)から19日(月)まで開催し、全九州の会員によるいけばな作品、計186瓶が前・後期に分けて展示しました。

 第64回太宰府天満宮献華祭

参進の様子


 第64回太宰府天満宮献華祭

参進の様子


 第64回太宰府天満宮献華祭

参進の様子


 第64回太宰府天満宮献華祭

奉仕者による記念撮影


 第64回太宰府天満宮献華祭

牛車!


 第64回太宰府天満宮献華祭

奉賛いけばな池坊展


 第64回太宰府天満宮献華祭

真ん中の作品が、今回の参加者で最高齢 96歳の方の作品


この記事を読まれた方は以下の記事も読まれています。

ページの先頭へ

サイトトップ > お知らせ > 第64回太宰府天満宮献華祭を執り行いました

いけばなを はじめる

はじめての方へ

はじめてQ&A、教室の探し方、お稽古をはじめたら等

いけばな教室を探す

いけばなを 知る

いけばな池坊のご案内

池坊とは、いけばなの型、いけばなの歴史等

いけばなギャラリー