サイトトップ > お知らせ一覧 > IKENOBOYSがアクアシティお台場で、桜を用いた大作を披露しました

花展&イベント

2018年4月05日更新

IKENOBOYSがアクアシティお台場で、桜を用いた大作を披露しました

3月31日(土)、アクアシティお台場(東京都港区)にて、IKENOBOYS 藤井真氏によるいけばなパフォーマンスを行いました。

これは同施設が開業18年を迎えるにあたり、来場者の皆様に春のお台場を楽しんでいただくべく実施をされるイベント「TOKYO RESORYT SPRING ~アクアシティお台場18周年~」の一環として行ったもので、「春華爛漫」をテーマに、春の象徴である桜を用いた大作をライブで披露。
3メートルもある大きな牡丹桜や枝垂れ柳を用い作品をいけ込む姿は、大きな吹き抜けスペースにも負けないほどの迫力でした。また大量に用意したオンシジウムを、ご覧になられていた方々にお配りして作品に挿していただいたところ、観客のみならず通りがかった外国人観光客の皆様も花を所望され、結果として多くの方々の想いがこもった作品となりました。

折しも、会場の窓越しに見える桜も見頃を迎え、作品と相まって会場は春模様で満たされ、訪れた方々の目を楽しませていました。
作品につきましては、4月8日(日)まで展示しております。ぜひご覧ください。

 アクアシティお台場「春華爛漫」

藤井氏によるパフォーマンス


 アクアシティお台場「春華爛漫」

観客の皆さんも一緒に作品制作


 アクアシティお台場「春華爛漫」

展示作品


この記事を読まれた方は以下の記事も読まれています。

ページの先頭へ

サイトトップ > お知らせ > IKENOBOYSがアクアシティお台場で、桜を用いた大作を披露しました

いけばなを はじめる

はじめての方へ

はじめてQ&A、教室の探し方、お稽古をはじめたら等

いけばな教室を探す

いけばなを 知る

いけばな池坊のご案内

池坊とは、いけばなの型、いけばなの歴史等

いけばなギャラリー