サイトトップ > お知らせ一覧 > 市川海老蔵 特別公演「源氏物語」の舞台に作品協力

ニュース

2018年4月12日更新

市川海老蔵 特別公演「源氏物語」の舞台に作品協力

市川海老蔵特別公演「源氏物語」“第二章~朧月夜より須磨・明石まで~”が、3月1日から4月7日まで全国で上演され、その舞台装飾花を池坊が担当しました。

2015年3月春に全国公演で7万3千人を動員した「源氏物語」の続編。前半は朧月夜と光源氏の恋をオペラと歌舞伎で、後半は能と歌舞伎のコラボレーションを軸とした舞台でした。

池坊は前半に登場する幅約6m、高さ3mの桜の作品を制作。
華やかで艶やかな市川海老蔵氏の舞台に花を添えました。

 市川海老蔵特別講演「源氏物語」写真:中村治

市川海老蔵特別公演「源氏物語」 (写真:中村治)


この記事を読まれた方は以下の記事も読まれています。

ページの先頭へ

サイトトップ > お知らせ > 市川海老蔵 特別公演「源氏物語」の舞台に作品協力

いけばなを はじめる

はじめての方へ

はじめてQ&A、教室の探し方、お稽古をはじめたら等

いけばな教室を探す

いけばなを 知る

いけばな池坊のご案内

池坊とは、いけばなの型、いけばなの歴史等

いけばなギャラリー