サイトトップ > お知らせ一覧 > 祇園祭でIKENOBOYS 藤井氏がいけばなLiveを披露しました

花展&イベント

2018年7月26日更新

祇園祭でIKENOBOYS 藤井氏がいけばなLiveを披露しました

祇園祭後祭の期間中である7月22日(日)に、京都市が主催する「祇園祭後祭エコ屋台村」特設ステージにて、IKENOBOYS 藤井真氏らによるいけばなLiveを披露しました。

これは京都市が、祭やイベントから出るごみを減らすため使用を推奨しているリユース食器の活用促進のPRを目的として、7月22日(日)~23日(月)の2日間かけて開催されたもので、多くの来場者で賑わいました。
その中に設けられるステージでは「文化」を切り口に様々な出演者によるパフォーマンスが行われ、藤井氏はアシスタントの髙林佑丞氏(池坊京都支部所属)と共に、大作を披露しました。

実施にあたっては京都府から宮津産の檜扇を提供いただき、故事来歴から厄除けとして重用され、特に祇園祭の時期には欠かせないものと檜扇の持つ背景を紹介。 パフォーマンスでは檜扇のほかに、ケムリソウやオンシジウムを使い、会場にいた子供たちにもステージに上がり、胡蝶蘭をいけてもらいました。

暑さの厳しい中ではありましたが、色鮮やかないけばな作品に会場の皆様も楽しんでいただいたのではないでしょうか。

 祇園祭後祭エコ屋台村"

リユース食器を使った作品を披露


 祇園祭後祭エコ屋台村"

檜扇をいけていく


 祇園祭後祭エコ屋台村"

子供たちも参加


 祇園祭後祭エコ屋台村"

いけばなパフォーマンスの作品


この記事を読まれた方は以下の記事も読まれています。

ページの先頭へ

サイトトップ > お知らせ > 祇園祭でIKENOBOYS 藤井氏がいけばなLiveを披露しました

いけばなを はじめる

はじめての方へ

はじめてQ&A、教室の探し方、お稽古をはじめたら等

いけばな教室を探す

いけばなを 知る

いけばな池坊のご案内

池坊とは、いけばなの型、いけばなの歴史等

いけばなギャラリー