サイトトップ > お知らせ一覧 > 財務省職員に事務総長 池坊雅史が講演

ニュース

2019年6月29日更新

財務省職員に事務総長 池坊雅史が講演

6月25日(火)、関東財務局本局(さいたま市)で、華道家元池坊事務総長 池坊雅史が令和元年度「教養講話」の講師として関東財務局の職員約120名を対象に講演を行いました。

池坊雅史は『現代における華道の価値と意義』をテーマに池坊の歴史、花をいけるということの意味を中心に話し、講演の中では池坊むさし支部・福島愛恵子支部長が、葉蘭の一種生を披露しました。完成後、配りだけで葉蘭が留められていることに皆感心されている様子でした。

講演の後、担当者の方から「いけばなに興味がわき、習ってみたくなった」「感謝の気持ちや、季節を感じる豊かな感性の尊さを再確認した」などの感想が寄せられました。



講演の様子



葉蘭の一種生を披露

この記事を読まれた方は以下の記事も読まれています。

ページの先頭へ

サイトトップ > お知らせ > 財務省職員に事務総長 池坊雅史が講演

いけばなを はじめる

はじめての方へ

はじめてQ&A、教室の探し方、お稽古をはじめたら等

いけばな教室を探す

いけばなを 知る

いけばな池坊のご案内

池坊とは、いけばなの型、いけばなの歴史等

いけばなギャラリー