サイトトップ > お知らせ一覧 > 至高の華「西行桜」京都公演で 次期家元 池坊専好がいけばなを披露

家元・次期家元

2019年7月03日更新

至高の華「西行桜」京都公演で 次期家元 池坊専好がいけばなを披露

6月29日(土)、京都市左京区の京都観世会館で行われた至高の華「西行桜」に次期家元 池坊専好が特別出演し、いけばなを披露しました。
人間国宝 能楽師観世流シテ方 梅若実玄祥氏との共演は2017年秋に神奈川県・横浜能楽堂でのコラボレーションがきっかけ。今回は梅若氏が10年間にわたり公演を続けている「至高の華」の演目のひとつとして、能舞台で大作自由花のデモンストレーションを行いました。
作品は、能「西行桜」のイメージに合わせて、桜の持つ内面的な優美さを柳、妖艶さと明るさをダリアで表現。
完成した作品はロビーに飾られ、休憩中や上演後にも観客の目を楽しませました。

この記事を読まれた方は以下の記事も読まれています。

ページの先頭へ

サイトトップ > お知らせ > 至高の華「西行桜」京都公演で 次期家元 池坊専好がいけばなを披露

いけばなを はじめる

はじめての方へ

はじめてQ&A、教室の探し方、お稽古をはじめたら等

いけばな教室を探す

いけばなを 知る

いけばな池坊のご案内

池坊とは、いけばなの型、いけばなの歴史等

いけばなギャラリー