サイトトップ > お知らせ一覧 > 京都・池坊で、第八回池坊学校華道家元研修講座が行われました

学校華道

2014年7月31日更新

京都・池坊で、第八回池坊学校華道家元研修講座が行われました

7月26日(土)、27日(日)の両日、京都・池坊で第八回池坊学校華道家元研修講座が行われ、第16回学校華道インターネット花展の入賞者及び支部長推薦者合わせて32名が参加しました。

26日は開講式から始まり、六角堂、いけばな資料館を見学。華道発祥の地に立ち、歴史資料に触れ、いけばなについて理解を深めました。オリエンテーションでは受講者全員と一対一で会話をする自己紹介ゲームを行い、親睦を深めました。

次に、池坊短期大学 華道専任講師 藤井真氏による講義とデモンストレーション。講義では「草木に思いを託して自由花をいけよう」をテーマに、植物素材をよく見つめ、映画監督になったつもりで、テーマ・舞台・主役・脇役・エキストラを順に決めていき、作品が完成していくプロセスをデモンストレーションし、今話題の「アナと雪の女王」をイメージした作品を制作しました。また、「新しい花留め」として、剣山をはじめ、オアシス、込み藁や又木などを紹介し、カラーワイヤーや野菜など、従来の花留め以外を用いてデモンストレーション。参加者たちは斬新な作品に驚きの様子でした。

実技では、抽選をし、三人一組になり、花材や花器を選択。各班で話し合い、日頃のお稽古の成果を発揮し、思い思いの作品をいけこみました。完成後は、WEST18 1F スターバックス前に展示し、多くの方々に作品をご覧いただきました。

その後、夕食。夕食時にはすっかり仲も深まり、和気藹々とした楽しい時間となりました。夕食後は6班に分かれ、「私は華道部の部長。3人の部員を20人に増やすには?」をテーマにグループディスカッション。今、実際に取り組んでいること、実体験や成功事例、こんなことを企画してはどうかなど、アイディアを出し合い、熱心に話し合いました。

2日目は、早朝6時から六角堂の鐘つきと参拝。朝食後は作品の手直しをし、前日のグループディスカッションの発表準備を進めました。その後、話し合った内容を模造紙にまとめ、各班が発表。発表後には、互いに質問をし合ったり、意見や感想を出し合う場面もあり、積極的に参加している様子が印象的でした。

午後からの修了式では、池坊由紀次期家元から受講者全員に修了証を授与。受講者を代表して「文部科学大臣賞」を受賞した竹森明日香さんが挨拶しました。その後の次期家元のご巡視では、作品についてだけでなく、いけばなへの取り組みや学校生活についても話が弾み、有意義な時間となりました。以上のように、2日間の研修を無事終了しました。



開講式の様子

開講式の様子



六角堂見学の様子

六角堂見学の様子



講義の様子

講義の様子



デモンストレーションの様子

デモンストレーションの様子



実技の様子1

実技の様子1



実技の様子2

実技の様子2



グループディスカッションの様子

グループディスカッションの様子



プレゼンテーションの様子1

プレゼンテーションの様子1



プレゼンテーションの様子2

プレゼンテーションの様子2



修了証授与の様子

修了証授与の様子



次期家元巡視の様子

次期家元巡視の様子



参加者全員で集合写真

参加者全員で集合写真

この記事を読まれた方は以下の記事も読まれています。

ページの先頭へ

サイトトップ > お知らせ > 京都・池坊で、第八回池坊学校華道家元研修講座が行われました

いけばなを はじめる

はじめての方へ

はじめてQ&A、教室の探し方、お稽古をはじめたら等

いけばな教室を探す

いけばなを 知る

いけばな池坊のご案内

池坊とは、いけばなの型、いけばなの歴史等

いけばなギャラリー