サイトトップ > お知らせ一覧 > 東京ドーム「世界らん展2020」に池坊が参加しました

花展&イベント

2020年2月21日更新

東京ドーム「世界らん展2020」に池坊が参加しました

2020年2月14日(金)~2月21日(金)まで、東京ドームにて開催された「世界らん展2020-花と緑の祭典-」にて、いけばな作品展示およびいけばなデモンストレーションを行ないました。

「日本いけばな三大流派」コーナーでの展示を担当した池坊東京連合支部は「飛翔-令和に飛ぶ!」をテーマに、松と梓を主体とし、各所に蘭の花をあしらった立花新風体の連瓶の超大作でした。多くのご来場者にお楽しみいただきました。

また、2月17日(月)に会場内メインステージにて、東京松支部の中野幽山氏(池坊華道会理事)によるいけばなデモンストレーションが行なわれました。来場者への迎え花としてモクレンと椿を用いた自由花と、松や蘭などを使った立て花を紹介した後、4作のデモンストレーションを実施しました。桃やコデマリ、アイリスなど多種多様な植物を調和させた立花から始まり、会場のシンボルモニュメントである「桜蘭」をモチーフとした生花新風体を披露しました。最後に、ステージの左右に置かれた黒い壁に掛けた2つの花器に、アシスタントの鈴木博幸氏(東京清祥会支部)、桶澤達也氏(東京竹支部)、道口洵也氏(東京文和会支部)とともに、左右同時進行で掛けの立花新風体と自由花の作品を仕上げました。

世界らん展2020 公式サイトはこちら



池坊東京連合支部の作品


 世界らん展

デモンストレーションの様子


 世界らん展

披露された作品

この記事を読まれた方は以下の記事も読まれています。

ページの先頭へ

サイトトップ > お知らせ > 東京ドーム「世界らん展2020」に池坊が参加しました

いけばなを はじめる

はじめての方へ

はじめてQ&A、教室の探し方、お稽古をはじめたら等

いけばな教室を探す

いけばなを 知る

いけばな池坊のご案内

池坊とは、いけばなの型、いけばなの歴史等

いけばなギャラリー