サイトトップ > お知らせ一覧 > 京都・三十三間堂で第16回池坊献華式を執り行いました

花展&イベント

2020年3月04日更新

京都・三十三間堂で第16回池坊献華式を執り行いました

3月3日(火)、京都・蓮華王院三十三間堂の恒例行事「春桃会-ももの法会-」が執り行われ、法要中、池坊による献華式を行いました。
春らしい陽気の中行われた献華式では、献華奉仕を池坊中央研修学院 土屋郁剛講師が、また介添えを池坊京都支部 藤井真氏が務めました。
例年であれば、振り袖姿のお嬢さんらがお道具運びの役を務めるところですが、昨今のコロナウィルス流行という状況を鑑みて参列者を少なくするため、京都支部員がその役を担い行われました。参列した者はいずれも、この状況の一日も早い収束を願い、心を込めて中尊・千手観音坐像への献華を務めました。

併せて行った「奉賛いけばな池坊展」では、城野真理子支部長を始めとする池坊京都支部員19名による作品が並び、参拝に来られた皆様の目を楽しませていました。

 三十三間堂「春桃会-ももの法会-」"

先頭は、献華奉仕者の土屋郁剛講師

 三十三間堂「春桃会-ももの法会-」"

京都支部による御練り

 三十三間堂「春桃会-ももの法会-」"

献華式の様子

 三十三間堂「春桃会-ももの法会-」"

記念写真

この記事を読まれた方は以下の記事も読まれています。

ページの先頭へ

サイトトップ > お知らせ > 京都・三十三間堂で第16回池坊献華式を執り行いました

いけばなを はじめる

はじめての方へ

はじめてQ&A、教室の探し方、お稽古をはじめたら等

いけばな教室を探す

いけばなを 知る

いけばな池坊のご案内

池坊とは、いけばなの型、いけばなの歴史等

いけばなギャラリー