サイトトップ > お知らせ一覧 > 広島県・広島大学の留学生がいけばな体験(2回目)

学校華道

2014年8月07日更新

広島県・広島大学の留学生がいけばな体験(2回目)

8月1日、広島大学に短期留学している中国からの学生ら42名が京都・池坊を訪問し、六角堂・いけばな資料館を見学し、いけばな体験をしました。

同学は、7月15日に訪問した台湾からの短期留学生に続き、2回目の訪問となりました。

まず、一行は六角堂と資料館を見学。
六角堂は聖徳太子によって建立されたお寺であり、初代住職が小野妹子であること。また、仏前供花から華道が発祥したことなどを説明。資料館では、池坊の花形を紹介しつつ、様々な歴史的資料を交えながら、池坊いけばなについて理解を深めました。

その後、講義とデモンストレーション。
講義では、自由花を構成するためのバランス・ハーモニー・リズムの3つの要素について、デモンストレーションを交えながら説明をしました。

続いて、花材にヒマワリ、アレカヤシ、スプレーカーネーション、ソリダコ、ナルコユリを用いて、いざ体験。「花材を良く見て、特徴を生かしていける」という講師のアドバイスを基にいけこみ、ヒマワリで夏らしさ・元気さ、アレカヤシで涼しさを表現した作品が完成しました。

完成後は、お互いの作品を見合ったり、写真を取り合ったりと、日本の伝統文化“いけばな”を楽しんだ様子でした。

学校華道では、六角堂、いけばな資料館の見学、いけばな体験を受け付けています。
近隣の学校や今回のように留学生のみなさんも多く訪れていますので、興味のある方は是非、当会までご連絡下さい。

【お問合せ・お申込】
〒604-8134 京都市中京区六角通東洞院西入堂之前町248
一般財団法人 池坊華道会 事業部 学校華道課
Tel:(075)231-4922 Mail:school@ikenobo.jp



六角堂見学の様子

六角堂見学の様子



体験の様子

体験の様子

この記事を読まれた方は以下の記事も読まれています。

ページの先頭へ

サイトトップ > お知らせ > 広島県・広島大学の留学生がいけばな体験(2回目)

いけばなを はじめる

はじめての方へ

はじめてQ&A、教室の探し方、お稽古をはじめたら等

いけばな教室を探す

いけばなを 知る

いけばな池坊のご案内

池坊とは、いけばなの型、いけばなの歴史等

いけばなギャラリー