サイトトップ > お知らせ一覧 > 烏丸ステージに大作自由花を展示

ニュース

2020年6月23日更新

烏丸ステージに大作自由花を展示

6月22日より、池坊会館の烏丸ステージに、池坊中央研修学院の島津範好特別嘱託講師による作品を展示しています。

《作品テーマ》清涼

《花材名》しのぶ、竹

《コメント》
暑夏、涼しさと静けさをもたらす釣りしのぶ。その爽やかですがすがしい様子を、揺れる釣りしのぶと簾で表現しました。簾から微かに差し込む陽の光から、未来への希望や明日への活力を感じます。しのぶは、山地の樹木や岩肌に着床して育ち、乾燥にも強く、土や水がなくても「耐え忍ぶ」ことからこの名が付いたといわれています。
新型コロナウイルスの影響で不自由な生活が続いていますが、それを耐え忍ぶ日々に、早く光が差し込むことを願って制作しました。

なお、現在、池坊公式SNS(Instagram/Facebook/Twitter)のアカウントでは、自身がいけた作品写真などに#ikebanaforprayingをつけて投稿してもらうよう呼び掛け、SNSでいけばな作品を鑑賞する取り組みを実施しています。


烏丸ステージの展示期間は7月16日まで。

池坊公式Instagramはこちら



この記事を読まれた方は以下の記事も読まれています。

ページの先頭へ

サイトトップ > お知らせ > 烏丸ステージに大作自由花を展示

いけばなを はじめる

はじめての方へ

はじめてQ&A、教室の探し方、お稽古をはじめたら等

いけばな教室を探す

いけばなを 知る

いけばな池坊のご案内

池坊とは、いけばなの型、いけばなの歴史等

いけばなギャラリー