サイトトップ > お知らせ一覧 > 江戸時代から続く伝統の花展「旧七夕会」が開幕

花展&イベント

2014年11月12日更新

江戸時代から続く伝統の花展「旧七夕会」が開幕

11月12日、江戸時代初期から続く伝統の花展「平成26年度 旧七夕会池坊全国華道展」が京都高島屋7階グランドホールで開幕しました。

テーマは「花逍遥」。「花は足でいけよ」という先人の教えに立ち戻り、古くから日本人が美しいと感じてきた草木が自然の中で生きる姿を改めて見つめようというテーマです。池坊専永家元・池坊由紀次期家元による大作いけばなをはじめ、北海道から沖縄、また海外から華道家が一堂に会し、期間中を通じて約1600点が展示されます。

14日からは池坊会館でも花展がスタート。「全国支部選出コンクール展」や「旧七夕会 花行列」「花の甲子園全国大会」と見どころ満載の1週間です。お見逃しのないように、ぜひお誘い合せのうえご来場ください。

旧七夕会池坊全国華道展 詳しくはこちら



旧七夕会池坊全国華道展

会場入り口に展示された立花新風体

旧七夕会池坊全国華道展

圧巻の家元作品と次期家元作品に注目です

旧七夕会池坊全国華道展

会場内は「風」「光」「水」「土」のテーマ別で

旧七夕会池坊全国華道展

季節を感じるいけばなを是非ご覧ください。

この記事を読まれた方は以下の記事も読まれています。

ページの先頭へ

サイトトップ > お知らせ > 江戸時代から続く伝統の花展「旧七夕会」が開幕

いけばなを はじめる

はじめての方へ

はじめてQ&A、教室の探し方、お稽古をはじめたら等

いけばな教室を探す

いけばなを 知る

いけばな池坊のご案内

池坊とは、いけばなの型、いけばなの歴史等

いけばなギャラリー