サイトトップ > お知らせ一覧 > 【恒例行事】平成26年 華道家元池坊新春初生け式が行われました

花展&イベント

2014年1月09日更新

【恒例行事】平成26年 華道家元池坊新春初生け式が行われました

1月5日、京都・池坊に全国各地から門弟が集まり、恒例の「平成26年 華道家元池坊 新春初生け式」を開催しました。

朝8時、六角堂で華道の上達を祈願したのち、家元道場では多数の報道陣を前に全国から参集した振袖、紋付袴姿の門弟が初生けを行いました。 森山凛花さん(11歳・静岡県)とボブロフ マルカ彩さん(11歳・大阪府)の2名が家元道場での最年少参加となりました。

続いて、次期家元 池坊由紀が、、ストレリチア、水仙、葉牡丹等を使い「翔ける(かける)」と題した立花新風体をいけました。 様々な花材を用いていけるいけばなには、各々の個性・特性を発揮すること、互いにいかし合いながら 調和していくという考えがあることから、「私たち、一人ひとりも自らの役割を十二分に果たし、 飛躍する年であることを願い、いけ初めとしました。」と自身の初生けを振り返りました。

今年は9歳から97歳まで約1500名の門弟が参加。アメリカ、ニューヨークから最高齢となるオーデン 敏子氏が参加されました。 家元と次期家元が家元道場、池坊本館、WEST18ビルの全会場をまわり、参加者一人ひとりと挨拶を交しました。

午後からは、ウェスティン都ホテル京都に会場を移して「平成26年 初生け新年会」が催され、門弟一同、 気持ちも新たに今年一年の精進を誓い合いながら、親睦を深めました。

晴れ着姿で六角堂へ参拝

晴れ着姿で六角堂へ参拝

「華道上達」を祈願

「華道上達」を祈願

次期家元の初生け

次期家元の初生け

本件のお問い合わせ先

華道家元池坊総務所 総務課

TEL 075-221-2686

この記事を読まれた方は以下の記事も読まれています。

ページの先頭へ

サイトトップ > お知らせ > 【恒例行事】平成26年 華道家元池坊新春初生け式が行われました

いけばなを はじめる

はじめての方へ

はじめてQ&A、教室の探し方、お稽古をはじめたら等

いけばな教室を探す

いけばなを 知る

いけばな池坊のご案内

池坊とは、いけばなの型、いけばなの歴史等

いけばなギャラリー