サイトトップ > お知らせ一覧 > 旧七夕会『竹を使って』vol.37池坊東京青葉華道研究会支部  荻原有紀子さん

青年部

2015年6月25日更新

旧七夕会『竹を使って』vol.37池坊東京青葉華道研究会支部  荻原有紀子さん

平成25年度旧七夕会の青年部コーナーでは、それぞれにテーマを決め
自由な構想のもと思い思いに『竹』を使った作品をいけました。

img00119
                            
支部名:東京青葉華道研究会支部            

お名前:荻原 友紀子さん  


【作品について】


気温が下がる秋冬は夜空が美しく、
非日常と日常の境目がわからず混沌とする
日々の私たちの生活の中で、
厳しい環境下でも節目をおもんじて生きる竹。
目をしっかりあけ、前をみすえて生きるよう
さししめしているように感じます。
秋冬には、太陽に接近する大彗星も肉眼で見ることができます。

【花材名】


真竹(青竹)・グロリオサ・
アンスリウム(白、黄、緑)・オンシジウム
 
 
平成25年度旧七夕会出展作品
 

この記事を読まれた方は以下の記事も読まれています。

ページの先頭へ

サイトトップ > お知らせ > 旧七夕会『竹を使って』vol.37池坊東京青葉華道研究会支部  荻原有紀子さん

いけばなを はじめる

はじめての方へ

はじめてQ&A、教室の探し方、お稽古をはじめたら等

いけばな教室を探す

いけばなを 知る

いけばな池坊のご案内

池坊とは、いけばなの型、いけばなの歴史等

いけばなギャラリー