サイトトップ > お知らせ一覧 > 京都・下鴨神社 「井浦新写真展」にて、いけばな展示

花展&イベント

2015年6月25日更新

京都・下鴨神社 「井浦新写真展」にて、いけばな展示

世界遺産である京都・下鴨神社が、今年、第三十四回式年遷宮を迎えられます。その奉祝として、俳優の井浦新氏が、同神社の神服殿にて「井浦新 写真展 御生(みあれ)」を開催されています。
井浦新氏は、この写真展を開催される前に、池坊本部にて池坊由紀次期家元と対談し、初めていけばなにも挑戦されていました。対談については、月刊誌「ざ・いけのぼう」9月号(8月10日発売)にて掲載の予定です。

この写真展は、下鴨神社の第三十四回式年遷宮奉祝事業として、井浦新氏が2年間を通じて下鴨神社の自然や祭、神事を撮影した写真展です。この写真展開催と、また、第三十四回式年遷宮を迎えられたお祝いの意味を込めて、池坊として神服殿に立花を展示いたしました。
写真展のテーマである「御生(みあれ)」をイメージし、「永遠」を表す常緑の松を中心に、シャレ木、笹ユリを用い、過去・現在・未来と続く命の営みを二方面の立花新風体で表現しました。

いけばな作品は、内覧会の6月19日とオープニングの6月20日・21日の3日間展示しましたが、写真展は、9月30日まで開催されています。

井浦 新 下鴨神社写真展「御生 Miare」




井浦新と立花

常緑の松を使った立花



井浦新と立花

下鴨神社 神服殿での作品展示



井浦新と立花

写真展をされている神服殿内からも、立花を見ることができます



井浦新と立花

夜に見る作品も、雰囲気が変わって良いです

この記事を読まれた方は以下の記事も読まれています。

ページの先頭へ

サイトトップ > お知らせ > 京都・下鴨神社 「井浦新写真展」にて、いけばな展示

いけばなを はじめる

はじめての方へ

はじめてQ&A、教室の探し方、お稽古をはじめたら等

いけばな教室を探す

いけばなを 知る

いけばな池坊のご案内

池坊とは、いけばなの型、いけばなの歴史等

いけばなギャラリー