サイトトップ > お知らせ一覧 > ハーバード大学サマースクールの学生がいけばな体験

いけばな体験

2015年7月09日更新

ハーバード大学サマースクールの学生がいけばな体験

アメリカ、ハーバード大学のサマースクールで京都に短期留学している学生が、7月8日(水)池坊を訪問しました。同大学の訪問は一昨年と昨年に続いて3回目となります。

学生18名と引率教授ら4名は、六角堂、家元道場、いけばな資料館で池坊の歴史と花形に関する説明に聞き入っていました。その後、池坊中央研修学院の教室を訪れ、学院生が実際にいけばなをいけている風景を見学。工夫を凝らした自由花と重厚な古典立花に大変興味を示しながら、学院生たちに話しかけ、楽しく交流しました。

2階ホールでは、池坊雅史事務総長による挨拶に続いて、池坊中央研修学院の野田学教授によるいけばなワークショップを受講。野田教授は、例を挙げて、いけばなでは季節感、生命感、時の移り変わりを大切にすることや、聖徳太子の和の精神などを説明。その後、参加者は、「花と会話をしながらいける」「花の一番きれいな表情を探す」という野田教授の指導に従って、真剣に構成を考えながら、ひまわり、トルコ桔梗、ゴットを使って自由花に挑戦。野田教授から作品に関するコメントやアドバイスを受けた後は、笑顔でお互いの作品を観賞したり、作品を写真に収めていました。

最後に、野田教授は直接コミュニケーションをする機会の少ない忙しい現代社会だからこそ、花と対面し、こころを潤すことが大切である、時にはそういう時間を作って命のある花と触れ合う機会を作ってほしいと述べました。一行は、いけばな体験と見学を満喫していたようでした。


Harvard


Harvard


Harvard


Harvard


Harvard


Harvard


Harvard


Harvard


Harvard


Harvard


Harvard


Harvard

この記事を読まれた方は以下の記事も読まれています。

ページの先頭へ

サイトトップ > お知らせ > ハーバード大学サマースクールの学生がいけばな体験

いけばなを はじめる

はじめての方へ

はじめてQ&A、教室の探し方、お稽古をはじめたら等

いけばな教室を探す

いけばなを 知る

いけばな池坊のご案内

池坊とは、いけばなの型、いけばなの歴史等

いけばなギャラリー