サイトトップ > お知らせ一覧 > 祇園祭にあわせていけばな作品を展示

ニュース

2015年7月16日更新

祇園祭にあわせていけばな作品を展示

◇次期家元 池坊由紀が、池坊短期大学にいけばな作品を展示

祇園祭の宵山(7月16日)、宵々山(7月15日)の両日、池坊学園を一般開放し、祇園祭協賛「花きらきら」 が開催され、次期家元 池坊由紀がいけばな作品を展示。池坊短期大学2年次生によるいけばな作品も展示されました。

室町通の池坊学園前には鶏鉾がたち、7月12日に行なわれた曳き初めには池坊短期大学生も浴衣姿で参加しました。
大きな山鉾がたち並ぶ四条烏丸界隈ではたくさんの人で賑い、祭に訪れた方が束の間の涼をとりながら、いけばな作品を鑑賞していました。

 
   祇園祭次期家元作品  
次期家元の作品




◇第31回いけばな展 -祇園祭にいける-

京都いけばな協会・四条繁栄会商店街振興組合・祇園商店街振興組合主催の「第31回いけばな展 -祇園祭にいける-」 が今年も7月15日~17日の期間で開催され、 京都いけばな協会に所属する各流派、39瓶のいけばな作品が、祇園祭で賑わう京都四条通に、華やかさを添えました。
池坊からは、池坊京都支部 中路喜久子支部長 が和菓子・茶房「鍵善良房」(四条花見小路下ル北側)のショーウインドーに砂物立花を展示。八坂神社に参拝する大勢の観光客の目を楽しませていました。

 
   祇園祭いけばな作品  
「鍵善良房」に展示された作品

この記事を読まれた方は以下の記事も読まれています。

ページの先頭へ

サイトトップ > お知らせ > 祇園祭にあわせていけばな作品を展示

いけばなを はじめる

はじめての方へ

はじめてQ&A、教室の探し方、お稽古をはじめたら等

いけばな教室を探す

いけばなを 知る

いけばな池坊のご案内

池坊とは、いけばなの型、いけばなの歴史等

いけばなギャラリー