サイトトップ > お知らせ一覧 > 祇園祭の後祭で南観音山にいけばな作品を展示しました

ニュース

2015年7月23日更新

祇園祭の後祭で南観音山にいけばな作品を展示しました

昨年から前祭(さきまつり)と後祭(あとまつり)に分けて行われている京都の祇園祭。
後祭の山鉾のひとつ、南観音山に池坊のいけばなが奉納されました。
これは毎年恒例で奉納されているもので、ご本尊の「楊柳観音像」(ようりゅうかんのんぞう)に立花(りっか)を、ご本尊脇の弁財天に仏花をそれぞれ一対奉納しました。
南観音山は後祭の「くじ取らず」6番目の曳き山として、7月24日に巡行(烏丸御池→河原町御池→四条河原町→四条烏丸)が行われます。

2015祇園祭南観音山

夕暮れで提灯がともる南観音山

2015祇園祭南観音山

本尊(中央)と弁財天(右)に奉納されたいけばな

この記事を読まれた方は以下の記事も読まれています。

ページの先頭へ

サイトトップ > お知らせ > 祇園祭の後祭で南観音山にいけばな作品を展示しました

いけばなを はじめる

はじめての方へ

はじめてQ&A、教室の探し方、お稽古をはじめたら等

いけばな教室を探す

いけばなを 知る

いけばな池坊のご案内

池坊とは、いけばなの型、いけばなの歴史等

いけばなギャラリー