サイトトップ > お知らせ一覧 > 2015 池坊<中央>夏季研修講座が無事終了しました

中央研修学院

2015年8月27日更新

2015 池坊<中央>夏季研修講座が無事終了しました

2015年8月20日(木)~8月25日(火)に開講されていた池坊<中央>夏季研修講座が無事に終了しました。
暑さの盛りを過ぎ、京都にもようやく朝晩は涼しい風が吹くようになってきました。
今回は、初心者の方でも安心してチャレンジできた「初めての立花新風体」「初めてのタペストリー」コースや、開講より定員超えが続く「歴史に学ぶ」コース、そして当季ならではの「かきつばた」「かきつばた・はす」コースなどバラエティに富んだコースの開講で、全国各地より集った華道家たちが熱意に満ちた眼差しで作品制作に取り組んでいました。


池坊中央夏季研修講座 概要はこちら


講座の様子

夏季講座

開講式で講師の激励を傾聴する受講生

夏季講座

和やかな雰囲気で大作にチャレンジ

夏季講座

先生の手直しを見るのも勉強になります

夏季講座

先生より手渡しでいただく証書授与

<受講者インタビュー>
夏季講座

A日程 自由花大作コース
原田さん(湖西支部)

先生から教えてもらった技が目から鱗の連続。既成概念に捉われない柔軟なアイデアを学べた2日間となった。他の方の作品からも刺激を受け、自身のイメージを膨らますことができた。今後の花展などで、今回得たアイデアをもとに制作に取り組みたい。

夏季講座

A日程初めてのタペストリーコース
受講生の声

中研の教養科Bに在籍中で次の授業でのタペストリーを予習しにきた。先生が手直しポイント・良いところにアドバイスがあり、自分の長所と課題をしっかりと認識できた。花材同士の導線に気付いて褒めてくださったので、次回の授業でも生かしたい。

夏季講座

B日程 かきつばた・はすコース
甲賀さん(西大阪支部)

かきつばたの葉さばきが抜群と聞いた秋野仁先生のコースをぜひ受講したかった。先生の手直しを見ることが一番の勉強になり、お稽古や授業でも真似て練習しようと思う。蓮の立花は3回目のチャレンジであったが、河骨の下段大遣いは初めていけることができ、自分のいけばなの幅が広がり良かった。

夏季講座

B日程 いけばな体験指導力アップコース
橋邊さん(小倉支部)

学校華道(美萩野女子高等学校 華道部員およそ10名)指導の為に受講を決めました。秋冬に向けて、クリスマスをイメージした作品を制作。出来るだけ、身近で入手しやすい物(キャンディ缶・シンプルなお皿等)をベースに、色々な工夫やアイデアを学べて、生徒たち各々が個性を表現できそうです。

夏季講座

C日程 生花(株分を究める)コース
受講生の声(2人)

3回目の夏季講座で東先生の講義に感動しました。生花=東先生と思い、受講を決めて自分自身すごくプラスになった。
講義も熱心にされ手直しも1人1人に対してじっくり時間を割いてくださったので是非また参加したい。やはり京都での受講は別世界でした!!

夏季講座

C日程 立花・生花(水盤)を究めるコース
今泉さん(仙台支部)

夏季講座自体を初めて受講して、京都ならではの雰囲気の中でお花に没頭できて幸せでした。株分と立花を集中して学びたかったので、ピッタリなコースがあり良かったです。受講生の方のレベルも高く、圧倒される素敵な作品を見られただけでも京都まで来た甲斐がありました。先生に勧めで受講できて実りある2日間となりました。

今回のPICK UPコース!! 夏季講座

C日程 初めての立花新風体コース 担当講師の清水新一先生と受講生



夏季講座

佐藤さん(八幡支部)


中研で立花新風体を勉強するのに先がけて、親先生から、受講してみれば?と勧められて受講を決意。 先生の講義、指導はとてもわかりやすく、丁寧だったので、自分なりに立花新風体のイメージをつかめたと思う。作品をゆっくり仕上げられたので、余裕をもって楽しく受講できて良かった。

夏季講座

安東さん(湖西支部)


先生の講義がとてもわかりやすく、また一緒に何度も花材なども考えてくださったおかげで妥協することなく作品が仕上がった。中研で立花新風体を勉強する前に体験できて良かった。他の方が使われていた花材もいつか自分が使って制作してみたいと思った。

この記事を読まれた方は以下の記事も読まれています。

ページの先頭へ

サイトトップ > お知らせ > 2015 池坊<中央>夏季研修講座が無事終了しました

いけばなを はじめる

はじめての方へ

はじめてQ&A、教室の探し方、お稽古をはじめたら等

いけばな教室を探す

いけばなを 知る

いけばな池坊のご案内

池坊とは、いけばなの型、いけばなの歴史等

いけばなギャラリー