サイトトップ > お知らせ一覧 > Ikenobo 花の甲子園2015~北信越地区大会レポート

花の甲子園

2015年10月08日更新

Ikenobo 花の甲子園2015~北信越地区大会レポート

パネルタイトルテキスト

Ikenobo 花の甲子園2015~北信越地区大会は、無事開催終了しました。
多くの皆さまにご来場いただき、ありがとうございました。

北信越地区大会 結果発表

地区代表校

福井県立足羽高等学校

チームワーク賞 石川県立小松高等学校
パフォーマンス賞 石川県立金沢向陽高等学校
ハーモニー賞 福井県立武生商業高等学校
のぞみ賞 富山県立富山高等学校、石川県立小松明峰高等学校
石川県立翠星高等学校、石川県立津幡高等学校
石川県立能登高等学校、小松市立高等学校
福井県立坂井高等学校

※「地区代表校」は地区の代表として、11月15日に京都で行われる全国大会に出場いただきます。
※全国大会進出チーム(生徒3名+学校顧問1名)の、京都・池坊までの交通費と宿泊費は、主催・池坊華道会が負担します。

北信越地区大会 レポート

「Ikenobo花の甲子園2015」地区大会12ヶ所目となる北信越地区大会が10月3日(土)、AOSSA 1階 
アトリウム(福井市)にて行われました。

13時00分より開会。
出場校・審査員の紹介、審査概要の説明後、いけこみがスタート。各校、初めて見た指定花材15種類に動じることなく、各校が持ち込んだ地元の花材とミニチュア花器を上手く組み合わせ、制限時間45分以内に思い思いの作品を完成させました。いけこみ終了後は、各校のテーマに沿って、パネルなどを用いながら、持ち時間3分30秒でプレゼンテーションを行いました。

16時10分より講評と表彰式。
池坊短期大学 准教授 森川佳代氏より持ち込み花材を用いた作品を中心に講評をいただき、表彰式。
代表校には、今大会から地区大会に出場し、全国大会初出場となる福井県立足羽高等学校が選ばれました。会場はJR福井駅に隣接し、商業施設に加え、福井市交流プラザも併設されており、買い物客や施設利用者など多くの方々に応援をいただきました。また、外からも会場内の様子を見ることができ、高校生がお花をいける姿を見て、ご来場いただく方も多数いらっしゃいました。

会場の様子

会場の様子

いけこみの様子

いけこみの様子

代表校 福井県立足羽高等学校の皆さん

代表校 福井県立足羽高等学校の皆さん

出場者全員で集合写真

出場者全員で集合写真

北信越地区大会 審査員

サイトトップ > お知らせ > Ikenobo 花の甲子園2015~北信越地区大会レポート

いけばなを はじめる

はじめての方へ

はじめてQ&A、教室の探し方、お稽古をはじめたら等

いけばな教室を探す

いけばなを 知る

いけばな池坊のご案内

池坊とは、いけばなの型、いけばなの歴史等

いけばなギャラリー