サイトトップ > お知らせ一覧 > 京都造形芸術大学 通信教育部「和の伝統文化コース」のスクーリングを実施

学校華道

2015年12月03日更新

京都造形芸術大学 通信教育部「和の伝統文化コース」のスクーリングを実施

11月27日から11月29日の3日間、京都造形芸術大学 通信教育部 「和の伝統文化コース」のスクーリングとして「伝統文化実践Ⅱ-3(華道)」を実施しました。

初日は、六角堂・いけばな資料館の見学を含む華道概論、自由花(自然的表現と意匠的表現など)について講義と実技。続いて、二日目は生花(しょうか)について、実技を中心に実施しました。最終日は自由花(行事の花と生活環境に応じた花など)についての講義と実技、講師による立花のデモンストレーションが行われました。

実技の中では、完成した作品について、受講者の前で、テーマや作品に込めた思いを発表し合う取り組みも行われました。最初は皆さん、どのようにいければ良いのか、悩みながらいけておられましたが、実技を重ねることで、最終日には花材の特徴をいかし、楽しんで、思い思いの作品をいけられるようになっておられました。

3日間、講師を務めた池坊中央研修学院 島津範好研究員は「ぜひ、日頃の生活の中に、お花を取り入れて欲しい。これからもお花(華道)に触れて行って欲しい」と講義を締め括りました。

受講生の方からは「華道発祥の地で講義を受けることができ、肌で歴史を感じることが出来た」、「型のあるもの=生花(しょうか)、型のないもの=自由花、それぞれに触れることができ、これまでの華道の歴史や知識を習得することが出来た」などの感想をいただきました。

学校華道では、今回のように池坊会館での講義や授業の実施、学校への講師派遣を実施しております。
実施を検討されている方は、お電話、もしくはメールにて、是非、華道会までご連絡下さい。

【お問合せ・お申込】
〒604-8134 京都市中京区六角通東洞院西入堂之前町248
一般財団法人 池坊華道会 事業部 学校華道課
Tel:(075)231-4922 Mail:school@ikenobo.jp



実技の様子(自由花)

実技の様子(自由花)



実技の様子(生花)

実技の様子(生花)

この記事を読まれた方は以下の記事も読まれています。

ページの先頭へ

サイトトップ > お知らせ > 京都造形芸術大学 通信教育部「和の伝統文化コース」のスクーリングを実施

いけばなを はじめる

はじめての方へ

はじめてQ&A、教室の探し方、お稽古をはじめたら等

いけばな教室を探す

いけばなを 知る

いけばな池坊のご案内

池坊とは、いけばなの型、いけばなの歴史等

いけばなギャラリー